2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

ダルビッシュ有の解説にみる野球の流れ

「野球の流れ」を説明するのは難しい。野球というスポーツは単に投手がボールを投げ、打者がボールを打ち、野手が捕球するだけでなく、ひと試合ひと試合、試合の流れが存在する。例えば、一方のチームは走者を出塁させるが、併殺ばかり。もう片方のチームは走者を出し、得点圏に送り、一振りで走者をホームへ帰す。

例えば、セ・リーグの上位球団を見ていて思う。このチームは併殺が少ないと。同じゴロを打つにしてもバウンドの高い強いゴロを打ち、走者を二塁へ進める。カープが満塁で必ずといって良いほど、投手ゴロを打ち、併殺というシーンを過去、何度見たことだろう。

野球の流れとは雰囲気であり、この雰囲気を悪くするプレーはけっしてチームを勝利に導かない。仮に勝てたとしたら、まさに不思議な勝ちなのである。不思議な勝ちはチームを上昇気流に乗せることはない。

日本ハムvs巨人戦で解説のダルビッシュ有も頻繁に「野球の流れ」を口にしていた。興味深かったのは無死満塁で「コーナーを狙わず、強気でストレートでど真ん中を狙うこと」実際、マウンドの日本ハム・増井はストレート中心で打者を打ち取った。ところが代打に石井が送られると、ダルビッシュ有は「代打の人は野球に流れに乗っていないので、強気ではなく、慎重に攻めるべき」と語った。増井は前打者と同様に強気に攻めたが結果は、内野安打となり失点。

まさにダルビッシュ有の予想通りになったのだが「ダルビッシュ有は野球の流れを大切にし、常に流れを考えた投球をしているのだな」と感じさせられた。

無死満塁で並の投手ならば、コーナーばかり気にして、四死球を出したり、自滅することも少なくない。最終的に投手はストレートが生命線なのだ。
[PR]
by takaitoko | 2012-10-30 22:55 | プロ野球