人気ブログランキング |

2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

忙中閑話>「相手のミスを誘う」野球




試合後、野球専門誌 Baseball Timesに日本ハム・栗山監督の話

「(5回の金子のバスターエンドランについて)動くことが相手のミスを誘う。全てではありませんが、相手に『どういう攻撃をしてくるのか?』と思わせるのが狙いのひとつでもあるので。糸井(嘉男)のエンドラン(4回)も点にはなりませんでしたが、意味がありました。今後はそれを形にして点を取れるようにしていきたいです」


ここに広島東洋カープの勝ち方のヒントが隠されている。特に「どういう攻撃をしているか?と相手に思わせる」というのがポイントで、果たして、近年のカープにこの精神があるかどうか。








野村謙二郎監督は「見ての通りの試合。殻を破っていく人が出てくればいいんだけど」と負け試合では御馴染みの回答となったが、殻を破るのは選手ではなく、野村謙二郎監督自身かもしれない。一塁に出たら、盗塁させる勇気。結果を恐れず、エンドランさせる強気。

今年に限ったことではないが、シーズンではなく、オープン戦で「いやらしい野球」を見せておくべきだった。オープン戦だからこそ、盗塁、エンドラン、バスター・・・の失敗も許される。果たして、オープン戦で積極的な作戦が幾度あったろうか?

また、現状のセンターライン(捕手、投手、遊撃手、二塁手、中堅手)の守備力強化を維持しているのは良いが、この投手力を含め、守備力が崩壊した時に、カープの崩壊が始まる。
by takaitoko | 2012-04-14 22:07 | プロ野球