2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

【球炎】なぜ今ごろドタバタ劇

(中国新聞)【球炎】なぜ今ごろドタバタ劇
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cs201009110233.html

加納優記者の記事を読みながら、つくづく野村謙二郎監督は、解説者脳から離れることができなかったのだなと実感する。端的にいえば監督としての技量の無さといえる。強いチームの監督は、勝負ところとみると、代打、代走、守備固めと集中的に仕掛けてくるが、監督一年目の野村謙二郎監督には、その実践的感が備わっていない。来季も続投のことなので、今季が良い経験になるに違いないが、残り試合20を切っても成長した跡が見受けられない。




投手交代を始め、代走を送るにしても、ワンテンポ遅れ、これは試合の流れを壊している。前日の試合でも、代打・前田智が出塁して、ちょっと間が空いて代走。結局、代走は山本芳だったが、折角、丸外野手を上げたのならば代走・丸で正解だった。ベンチの事情は定かではないが、代走に限らず、継投、代打にしても、各コーチとの連携が悪いのだろうか。当該の試合にしても、投手交代に迷ったとのことだが、5イニングを過ぎている以上、中継ぎ投手が肩を作るのは当然のことで、準備ができていなかったのは理由にならない。

とまれ、選手層の薄さに加え、ベンチの連携の悪さ、監督の采配ミスが重なればBクラスは当然のことである。
[PR]
by takaitoko | 2010-09-12 03:17 | 広島東洋カープ