人気ブログランキング |

2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島 9-5 ソフトバンク

2010年3月13日(土)  しまなみ球場
HOME(解説:北別府 実況:榮 リポート:浦本)~5回裏終了。
--------------------------------
4 東出
 P松本
6 小窪
8 天谷
5 栗原
 3喜田剛
7 フィオ
 7嶋
3 ヒューバー
 5木村
D 會澤
 P岩本
2 石原
9 末永
P ジオ-相澤-林-高橋-梅津 
--------------------------------
先発のジオは、追い込んで甘いコースを打たれ5失点。打線は、杉内の低めの変化球に凡退するなか、3回裏、天谷のタイムリー。象徴的だったのは、5回裏、末永の三塁打のあと、東出のタイムリーと果敢な走塁の効果が出た場面。更に、栗原のレフト越タイムリーと去年との違いを見せた。

(中国新聞)「競争効果」で打線に活気 オープン戦首位に浮上
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cs201003130365.html




【総評】
先発のジオ。右打者外角のカットボールのコントロールは抜群だが、2ストライクと追い込んで、甘いコースのボールを打たれ失点は頂け無い。また、ボークを始め、一塁のベースカバー遅れ。走者が出ると気にし過ぎる態度など、課題も多い。

ヒューバーの打席。杉内に対し、初球、外角低めの変化球を空振。高めのボールをセカンドフライと、去年のマクレーンを彷彿させ、本調子にはまだまだ。
--------------------------------
↓修正済みだが、今日もナカノヒトがまたもや。
e0094686_1233255.jpg

by takaitoko | 2010-03-13 17:18 | 広島東洋カープ