人気ブログランキング |

2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>楽天 4-5 広島

2009年5月31日(日) Kスタ宮城
YAHOO!動画(解説:松本匡史 実況:端野幸治 リポ:牛丸智子)
--------------------------------
6 梵
4 東出
8 赤松 
3 栗原
7 嶋
D マクレーン
9 岩本
2 石原
5 石井
P 大竹(5勝1敗)-横山-シュルツ-永川(3敗15S) 
--------------------------------
先発の大竹。立ち上がりこそ、無死1・2塁のピンチをむかえたが、好調の草野、山崎を抑えた。3回表、梵のタイムリーなどで2点。更に、4回表、石井の四球、梵のタイムリーで3点と効果的に得点した。6回裏、山崎にレフトへソロホームランを打たれ、連続無失点イニングは43・2/3イニングで途絶えた。
e0094686_1633501.jpg




【総評】
大竹の無失点記録が途絶えたのは、山崎に投じたシュートだった。コース球威共に甘く、失点は仕方ないところ。更に、連打されたが、無失点記録が途絶えた影響も大きい。二番手の横山。大竹のあとだと球威もなく、打たれて当然か。

マクレーンは外角低めの変化球を見逃せるようになった。だが、甘いボールを見逃し、難しいボールを打ってはヒットも出ない。

この試合のポイントは、4回表の石井の四球。地味ではあるが、このつなぎ役が、今日の勝ちにつながったといえる。

【不可解采配】
・シュルツを8回裏、引っ張り過ぎたこと(勝ちパターンの中継ぎ投手の登板過多が理由の一つかもしれないが)
・9回表、走者・東出。打者・赤松で、盗塁やエンドランが無かったこと。今回に限らず、突如、機動力を活かさないケースがあるのは不思議。

【備考】
解説の松本匡史氏、年齢は54歳だが、声だけ聞くと貫禄のある年寄りじみた雰囲気で、何やら違和感が。
by takaitoko | 2009-05-31 16:30 | 広島東洋カープ