人気ブログランキング |

2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

ファウルボール訴訟

チケットには「観客が打球で負ったけがは主催者側に責任がない」と明記されているが、まだまだ、ファウルボールに関し、重大性の認識が少ない日本のプロ野球。広島東洋カープのマツダスタジアムも、大リーグ並の球場になり、遅かれ早かれ、ファウルボールの事故が起きるのは必至。

Kスタでは、ファウルボールの場合、警笛(ホイッスル)を鳴らしているが、他の球場は「ファウルボールにご注意下さい」のアナウンス。ところが、このアナウンスが遅い。色々な制約があるかもしれないが、少なくても、TV中継を見ていれば、ファウルボールと判断しやすいのではないだろうか?「ファウルボールにご注意下さい」のアナウンスも、即座に対応できるように、ボタン或いはスイッチ一つ押せば、場内に聞えるような装置も必要だ。

とまれ、観戦する観客の意識も変える必要がある。ファウルボールに限らず、ホームランボールには充分、注意したい。プロ野球選手は、スタンドに、プレゼント用の硬式ボールを投げ入れる際、必ず、相手を確認するという。

(河北新報)
臨場感か安全性か―Kスタ・ファウルボール訴訟で議論
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/05/20090504t14032.htm
by takaitoko | 2009-05-08 06:37 | プロ野球