2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

「全力で挑む」=広島・マクレーンが入団会見

(時事ドットコム)
広島の新外国人スコット・マクレーン内野手(36)が1日、広島市のマツダスタジアムで記者会見し、「試合に出る限り全力で挑むのが自分の基本。手を抜かないプレーを見てほしい」と意気込みを語った。背番号は「90」
 同選手は2001年から4年間、西武に在籍。01年には39本塁打を放った。広島でも打線の主軸として期待され、「栗原という素晴らしい4番打者がいると聞いている。彼のサポート役を務めたい」と話した。 (2009/05/01-10:56)

MLBの動画サイトを見る限り、メタボ気味のウェストが気になるところ。本職は三塁手だが、最近は、一塁手のようで、サード・シーボル、ファースト・マクレーンか。また、近日に、栗原の復帰の可能性もあり、外国人枠(4枠)を見据えながら、サードで、シーボルか、マクレーンの調子の良い方を使う可能性も。個人的には、外野を守れる外国人であるならば、守備を始め、打順も柔軟に対応できるのだが。

追記:中国新聞によると「三塁と左翼の守備練習をしたとのこと」で、栗原、シーボル、マクレーンの同時起用も可能。
[PR]
by takaitoko | 2009-05-01 11:24 | 広島東洋カープ