2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん
(1)ポリシーの無い投手継投
(2)左右病
(3)選手偏重

(1)カープにおける勝利の方程式とは先発投手が完投することが当たり前になってきた。裏返せば、野村謙二郎監督が投手交代を告げると負け路に陥るということになる。ポリシーの無さは勝ちゲームにおける「今村」「ミコライオ」の継投を頑なに守らなかったことに代表される。前年のサファテ問題も同様だが、野手出身だけに投手心理に欠ける面がある。通常ならば、古沢、山内投手コーチが意見すべきだろうが、古沢投手コーチはブルペンに逃げ、山内投手コーチも年下ということもあり、多くは語れず、意見できないのだろう。

また、投手起用における“左右病”も顕著で、先発投手が降板し、次の回の先頭打者が左打ちの場合は、左腕を当てる。これは負けてる展開でもリードしている展開でも同様。勿論、左打ちに左腕は苦手なケースが多いが、100%そうではない。右腕でも左打ちを苦にしない場合もある。この場合、左右に拘るのではなく、調子の良い投手を起用すべきなのである。

(2)野村謙二郎監督の代名詞になった「左右病」。そもそも、相手先発投手が左腕の場合、右打者を並べる根拠が判らない。「右打ちは左腕を得意」とする場合もあるが、そうでない場合もある。投手起用同様、闇雲に左右に拘るのではなく、調子の良い選手を起用するのが正解だ。

(3)選手偏重は外国人野手と堂林に尽きる。外国人野手起用に関しては『球団フロントに獲得してもらった。ありがたい』という野村謙二郎監督の気持ちからなのだろうか?堂林に関しては、去年は“三塁手・堂林を育てる”意味で納得もできる。しかし今季の堂林は結果を出すべきシーズンなのである。結果が出ないにも関わらず、起用し続けるのは野村謙二郎監督の堂林に対する溺愛と呼ばれてもやむ無し。背番号を13から7に変更させた事実からも野村謙二郎監督の偏重が伝わる。
--------------------------------
野村謙二郎監督になり今季で4シーズン目。彼の野球を例えるなら「無手勝流」という表現がピッタリだ。野村謙二郎監督の野球は誰の真似でもない野村謙二郎監督だけの野球。それは誰かに師事したわけでもなく、自らの経験と考えに拠り所を求めている。それは、現役を引退し、野球解説者を経て、いきなり監督になってしまった経緯にも原因があり、簡単に野村謙二郎監督を責めることはできない。むしろ責められるのは、野村謙二郎を監督に任命してしまった側であろう。「名選手、名監督に非ず」というのは有名な例え。

今季、CS入りができない可能性が高いが、その場合は野村謙二郎監督も自ら辞任するだろう。結果が出なければ辞任する。これは野村謙二郎監督にとっての美学の筈だ。
[PR]
# by takaitoko | 2013-07-22 22:42 | 広島東洋カープ
救援陣、連夜の崩壊 久本・横山が逆転を喫す
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cs201307170201.html

2-0でリードした八回表。マウンドには久本投手が。通常ならば逃げ切り体制で、八回は今村。九回はミコライオ。しかし、野村謙二郎監督も前夜で余程、懲りたのだろう。久本は左投手向け、そして右投手向けに横山を登板させた。久本も中日時代はストライク先行のイメージがあるが、カープに来て、その面影も変わった。勿論、リードした場面で打たれてはいけないという重圧があったのだろう。四球連発。代わった横山も先頭打者を何とか抑えたが、平田に満塁ホームラン。

この場面で一番問題なのは「今村」を起用しなかったこと。前夜を始め、好調と不調の波が大きい今村だが、あえて今村を起用させるべきだった。結果、同じ打たれるなら今村なら納得がいく。それはチームとして最善を尽くしたといえるからだ。

今回、久本、横山そして九回を永川勝とリレーしたことで、今村、ミコライオは兎も角、野村謙二郎監督は投手陣の信頼を大きく裏切ってしまった。打たれても尚、信じることが監督の責任であり、なぜ、堂林を起用するが如く、今村を起用しなかったのか?野手出身監督という理由だけでは済まされない。まさに、野村謙二郎監督の監督としての素質の無さを露呈させた。
[PR]
# by takaitoko | 2013-07-17 21:29 | 広島東洋カープ
メソッド(方法)に関し。
(1)新外国人は投手に限定
(2)走攻守の揃った選手をスタメンにする
(3)リリーフ陣の整備

まず大前提として、近年のカープの誤ちは貧打ということで、打てそうな外国人野手を獲得してきた。しかし果たして現実はどうであろうか?打線は水物というが、宝くじに外れてばかり。本来のカープスタイルは打ち勝つ野球ではなく、守りぬく野球であることを再認識すべきである。

(1)投手王国と呼ばれていたのはいつだったか?確かに、現在も投手の頭数は揃っているが、活躍している選手は少ない。そこで、外国人は野手を獲得せず、先発、中継ぎ、クローザーを中心に揃えたい。投手に関して言えば、野手よりも質の高い選手獲得の実績もある。何よりも外国人野手を獲得してしまうと、これから伸びようとする野手の出番が無くなり、無駄にファームに落とすことになる。

(2)かつて強いカープは「走攻守三拍子揃った選手が先発スタメン」だった。近年のような実力に関係なく、利き腕だけでスタメンに名前があがることはなかった。三拍子揃うのは難しいが、最低でも守備力と打力は持ち合わせていたい。

(3)守護神は外国人ではなく、長い目で見て、日本国籍のある選手とすべき。何故なら、外国人は助っ人であり、完全に頼ってしまうと、居なくなった時のダメージが大きい。当然のことながら、クローザーにつなぐ、セットアッパーも外国人は避けたい。
[PR]
# by takaitoko | 2013-07-16 21:28 | 広島東洋カープ
(1)球団オーナーが優勝に向けて熱意不足
(2)無計画な戦力補強
(3)監督、コーチの選任ミス

(1)松田元(はじめ)オーナーは建て前は「カープ優勝」と語っているが、現況そして過去を見る限り、優勝できなくても、プロ野球ができれば良いという思想しか無いように思う。その癖、現場に対し、意見することがあるが、野球を楽しむ普通のオッチャン的でもある。

(2)ドミニカ・カープアカデミーにしても、野球選手を育てる方針は間違っていないが、理想をいえば、アカデミーで育て、カープに入団させ、一軍起用すべき。ところが、駐米スカウトを置いているがために、メジャー経験者ばかり獲得する。日本のプロ野球向きの選手もいるが、当たり外れが大きいのは周知の通り。

(3)歴代の野村謙二郎、山本浩二は、スター選手から野球解説者を経ての成り上がり。ブラウンは監督経験はあるが、メジャーでの話で、日本向きでは無かった。勿論、落合博満氏の例もあるが、それは「オレ流」というシッカリした信念があったから監督として成功したといえる。野村謙二郎監督にしても、一軍のコーチ、二軍の監督を経験し、野球を采配することを学んでからも遅くはなかった。それでも、未熟なまま監督になってしまったのは、人材不足そして、営業主義に走ってしまったからであろう。

More
[PR]
# by takaitoko | 2013-07-10 22:31 | 広島東洋カープ
先日の「アメトーーク!」でチュートリアル徳井が紹介していた商品。まさに、チェ・ゲバラを彷彿させる。




[PR]
# by takaitoko | 2013-07-10 18:59 | 広島東洋カープ
報道によると不振のエルドレッドとキラを入れ替えるとのこと。野村謙二郎監督曰く「起爆剤になってくれれば」とのことだが、何の確証も無い。それよりも現状のチームの悪さを考えると、キラではなく、栗原、天谷あたりを一軍に置くべきだ。二人とも、ファームで甘んじる選手ではなかろう。一軍のチームに成績もよく理解しているし、速く、上がりたくてウズウズしているのではないだろうか。更にいえば、堂林と入れ替わりに、小窪や岩本を一軍に上げるべきだろう。

懸案のセットアッパーそして守護神も大英断でメンバー入替え、役割変更も必要。極端にいえば、前田健を守護神にするくらいの気持ちの切替、本気出すさまを見せるべきなのである。いつまで経っても打てない外国人そして不安定要素の多い投手はファーム行き。欲をいえば、積極的なトレードも必要になってくる。

それほど、今はカープにとって緊急事態。何も変わらないのであれば、最下位街道まっしぐらは間違いない。何かを変えなければ、チームはよくならない。それは野球に限らず、歴史が物語っている。
[PR]
# by takaitoko | 2013-07-07 22:27 | 広島東洋カープ

コイ打線、お手上げ

コイ打線、お手上げ
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cs201307050174.html

二回裏からテレビ観戦。それにしても武内に代打・迎とは、武内の投球はそんなに悪かったのだろうか?ホームランは二本、打たれたものの、連打されたわけでもなく、野村謙二郎監督の不可解采配。とりあえず、五回裏まで観戦したが、今日は負け試合を予感した。

勿論、貧打ということもあるが、早々に武内交代は、チーム内に監督に対する不信感を生じさせたようにも感じた。それは、かつて、守護神だったサファテに何の相談もなく、別の投手を守護神として起用してしまったことにも通じる。野手出身ということもあるが、正直、野村謙二郎監督は投手心理を理解しようとしていないようだ。

どこかのコミッショナーが、阪神と巨人で、開幕戦をアメリカで行う計画を練っていたようだが、結局は頓挫。つまり、野村謙二郎監督もファン目線、選手目線ではなく、常に自己中心目線ゆえ、墓穴を掘り、数々の失敗を行なってきた。しかも同じ失敗が続くのは、野村謙二郎監督の傍に、話し相手は居るが、相談相手が居ないからに違いない。

野村謙二郎監督の選手時代はアグレッシブで、走攻守揃った名選手だった。解説者となっても、素人にも分かりやすい話で好感が持てた。ただ、いきなり監督になった時点で、大きな選択ミスを犯してしまった。選手時代、スターだったとしても、まずコーチ、ファームの監督なりを経験しておくべきだった。

カープを本当に強くできるのは、オーナーのお気に入りではなく、オーナーから最も遠い人材であるに違いない。
[PR]
# by takaitoko | 2013-07-05 22:15 | 広島東洋カープ
カープに限定しないが、本当に強い球団に必要なのは「鉄壁の守り」「安定した投手」「得点に繋がる果敢な走塁・盗塁」「チャンスに強い打撃」「臨機応変の采配」だと思う。特に、安定した守備と投手は最低限備えておくべきである。

上記に照らし合わせてみると、現在のカープはどうであろう。正直、守備の巧い選手も存在するが、打撃を優先するあまり、拙い守備力に目をつぶっているのではないだろうか?

投手に関しては、先発投手は数的にも質も問題はない。ただ難点はリリーフ陣。守護神には速球の外国人を起用しているが、クイックができない、守備力の低い人材も少なくない。セットアッパーにしても、今村の期待が高いが、安定感に欠ける。

走塁と盗塁に関しては、満点とまではいかないが及第点。

打撃に関しては、塁上に走者を置いてのフライが目立つ。無死三塁の大きなフライは犠牲フライにもなるが、無死一塁の連続したフライは、無能さを表す。中日の井端並の右打ちまではいかなくても、走者を進める進塁打を打てる打者が何人存在するだろう。あと、得点機に関しては、スキルによる部分が多いが、如何にストライクとボールを見極め、甘いコースを捉えるという思い切りの良い人材も少ない。

More
[PR]
# by takaitoko | 2013-07-01 19:57 | 広島東洋カープ
サヨナラ負けで今季最多借金11
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cs201306290236.html

結果的には久本の出来が試合を決めてしまったが、果たして久本だけの問題だろうか?先発の大竹も初盤は良かったが、中盤に同点。調子が良いのか悪いのかの打線も初盤に3点取るのが精一杯。一回表の松山のタイムリーは珍しく粘りを感じたが、三番の丸の絶不調が響いた。

前日、自力優勝が消えてしまったが、借金11を取り返すには11連勝すればよいが、このチームではまず無理。2勝1敗のペースで33試合。111試合目でやっと五割という計算になる。2勝1敗のペースでもシーズン終盤で五割は、ほぼCS入りも困難。
[PR]
# by takaitoko | 2013-06-29 18:37 | 広島東洋カープ