2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013年度全日本女子登録メンバー
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/volley/japan/2013/playerlist/7



木村沙織が下した主将就任という決断 全日本女子がバレー世界一に輝くために


なんと!木村沙織は今年限りで引退を考えていたという。眞鍋監督にそのことを伝えると「キャプテンをやってほしい」と頼まれたのだ。確かに、バレー経験、特に10代から世界相手にバレーをしてきた木村沙織は経験豊富だが、正直、リーダーというタイプではない。今日の対イタリア戦の後のインタビューでも、なかなか言葉が出ず、竹下陽平アナから嫌味を言われていたが、それも笑って返していた。ある意味、キャプテン木村沙織は、リーダーという常識を覆すのかもしれない。

特筆すべきは、セッターの宮下遥。今年、高校を卒業したばかりの9月1日で19歳の彼女。試合後のインタビューでは18歳とは思えない堂々たる回答で、かなり強気なリーダータイプに見えた。

ニューキャプテンにニューセッター。まさに新生、日本女子バレーボールが楽しみになってきた。
[PR]
by takaitoko | 2013-08-28 22:48 | 女子バレーボール
2013年度全日本女子登録メンバー
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/volley/japan/2013/playerlist/7



木村沙織が下した主将就任という決断 全日本女子がバレー世界一に輝くために


なんと!木村沙織は今年限りで引退を考えていたという。眞鍋監督にそのことを伝えると「キャプテンをやってほしい」と頼まれたのだ。確かに、バレー経験、特に10代から世界相手にバレーをしてきた木村沙織は経験豊富だが、正直、リーダーというタイプではない。今日の対イタリア戦の後のインタビューでも、なかなか言葉が出ず、竹下陽平アナから嫌味を言われていたが、それも笑って返していた。ある意味、キャプテン木村沙織は、リーダーという常識を覆すのかもしれない。

特筆すべきは、セッターの宮下遥。今年、高校を卒業したばかりの9月1日で19歳の彼女。試合後のインタビューでは18歳とは思えない堂々たる回答で、かなり強気なリーダータイプに見えた。

ニューキャプテンにニューセッター。まさに新生、日本女子バレーボールが楽しみになってきた。
[PR]
by takaitoko | 2013-08-28 22:47 | 女子バレーボール

UZR

ザ・データマン~スポーツの真実は数字にあり▽第4回大リーグはエラーがお好き!?
http://www4.nhk.or.jp/dataman/x/2013-08-25/11/20121/


UZRとはUltimate Zone Ratingの略でアルティメット・ゾーン・レーティング。「リーグにおける同じ守備位置の平均的な選手が守る場合に比べて、守備でどれだけの失点を防いだか」を表す。2012年の失策王・堂林はプラス3.8で、セントラルリーグ三塁手で第二位。ヤクルトの宮本よりも上の数値となる。つまり、堂林は失策だけみると多いが、守備範囲が広く、失点を防いだということなる。

言い換えれば、どんなに失策が多くても失点さえ防げば、悪い選手という烙印は押されない。2013年8月25日現在、堂林は失策19個でセ・リーグ1位(2位は菊池)また失策王の汚名は必至だが、失点に繋がる失策が少ないということで野村謙二郎監督は(打撃は別として)起用し続けたのかもしれない。
[PR]
by takaitoko | 2013-08-25 21:36 | プロ野球
打線、拙攻だらけ 一本が出ず
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cs201308080247.html

「打線は水物」というが基本的に野球は「打高投低」のチームではなく「投高打低」のチームが理想。勿論「投高打高」が理想だが、それは巨人に任せておけば良い。カープも「貧打」と呼ばれて幾数年。打てないから打てそうな新外国人を入団させたが、ニック、エルドレッド、ルイス、キラ。来日当初は華々しいデビューもやがて打てなくなってしまう。

それは、日本野球の研究の緻密さであり、同じ轍は踏まないという精神が息づいているからに違いない。他球団の外国人は来日初年度は打てなくても、二年目になると恐ろしいくらい打つ選手も存在する。ならばニックもエルドレッドも打てる筈だが、根本的な違いは“順応性があるかどうか”であろう。『自分のパワーならバットにボールが当たれば場外だ』という奢りがあるなら、大振りが目立ち大型扇風機と化す。

カープが道を間違えたのは『打てないから一発も期待できる外国人を』『多少の守備の拙さ、足の遅さには目をつぶろう』とした点。投手力、守備力が根底、基本にあるべきなのに、それを蔑ろにした結果が現状であろう。外国人ばかりでなく、最近、カープの選手のバントの下手さが目立つ。これはバント練習が減ったのは間違いない。
[PR]
by takaitoko | 2013-08-08 23:07 | 広島東洋カープ
打線、拙攻だらけ 一本が出ず
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cs201308080247.html

「打線は水物」というが基本的に野球は「打高投低」のチームではなく「投高打低」のチームが理想。勿論「投高打高」が理想だが、それは巨人に任せておけば良い。カープも「貧打」と呼ばれて幾数年。打てないから打てそうな新外国人を入団させたが、ニック、エルドレッド、ルイス、キラ。来日当初は華々しいデビューもやがて打てなくなってしまう。

それは、日本野球の研究の緻密さであり、同じ轍は踏まないという精神が息づいているからに違いない。他球団の外国人は来日初年度は打てなくても、二年目になると恐ろしいくらい打つ選手も存在する。ならばニックもエルドレッドも打てる筈だが、根本的な違いは“順応性があるかどうか”であろう。『自分のパワーならバットにボールが当たれば場外だ』という奢りがあるなら、大振りが目立ち大型扇風機と化す。

カープが道を間違えたのは『打てないから一発も期待できる外国人を』『多少の守備の拙さ、足の遅さには目をつぶろう』とした点。投手力、守備力が根底、基本にあるべきなのに、それを蔑ろにした結果が現状であろう。外国人ばかりでなく、最近、カープの選手のバントの下手さが目立つ。これはバント練習が減ったのは間違いない。
[PR]
by takaitoko | 2013-08-08 23:07 | 広島東洋カープ