2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

<   2012年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「野球の流れ」を説明するのは難しい。野球というスポーツは単に投手がボールを投げ、打者がボールを打ち、野手が捕球するだけでなく、ひと試合ひと試合、試合の流れが存在する。例えば、一方のチームは走者を出塁させるが、併殺ばかり。もう片方のチームは走者を出し、得点圏に送り、一振りで走者をホームへ帰す。

例えば、セ・リーグの上位球団を見ていて思う。このチームは併殺が少ないと。同じゴロを打つにしてもバウンドの高い強いゴロを打ち、走者を二塁へ進める。カープが満塁で必ずといって良いほど、投手ゴロを打ち、併殺というシーンを過去、何度見たことだろう。

野球の流れとは雰囲気であり、この雰囲気を悪くするプレーはけっしてチームを勝利に導かない。仮に勝てたとしたら、まさに不思議な勝ちなのである。不思議な勝ちはチームを上昇気流に乗せることはない。

日本ハムvs巨人戦で解説のダルビッシュ有も頻繁に「野球の流れ」を口にしていた。興味深かったのは無死満塁で「コーナーを狙わず、強気でストレートでど真ん中を狙うこと」実際、マウンドの日本ハム・増井はストレート中心で打者を打ち取った。ところが代打に石井が送られると、ダルビッシュ有は「代打の人は野球に流れに乗っていないので、強気ではなく、慎重に攻めるべき」と語った。増井は前打者と同様に強気に攻めたが結果は、内野安打となり失点。

まさにダルビッシュ有の予想通りになったのだが「ダルビッシュ有は野球の流れを大切にし、常に流れを考えた投球をしているのだな」と感じさせられた。

無死満塁で並の投手ならば、コーナーばかり気にして、四死球を出したり、自滅することも少なくない。最終的に投手はストレートが生命線なのだ。
[PR]
by takaitoko | 2012-10-30 22:55 | プロ野球
一軍
監督 77 野村 謙二郎
チーフ兼守備・走塁コーチ 71 高 信二
外野守備・走塁コーチ 85 永田 利則
内野守備・走塁コーチ 75 石井 琢朗
打撃コーチ 81 新井 宏昌
打撃コーチ 79 緒方 孝市
投手コーチ 78 古澤 憲司
投手コーチ 80 山内 泰幸
バッテリーコーチ 84 植田 幸弘

二軍
監督 72 内田 順三
内野守備・走塁コーチ 90 玉木 朋孝
外野守備・走塁コーチ 83 朝山 東洋
打撃コーチ 92 森笠 繁
投手コーチ 87 澤崎 俊和
投手コーチ 73 小林 幹英
バッテリーコーチ 89 水本 勝己

三軍
統括コーチ 82 浅井 樹
投手コーチ 93 青木 勇人

More
[PR]
by takaitoko | 2012-10-29 21:17 | 広島東洋カープ
広島東洋カープといえば「育成」という単語が出てくる。確かに「育成」も大事だが、現状をみると必要なのは即戦力。今回のドラフトのメンバーを見る限り、即戦力は見当たらない。なぜ、上位に即戦力を指名しないのか?競合を恐れる球団体質もあるだろうが、根本的にAクラス入りを真剣に望んでいない。契約金の高騰を抑える・・・と想像してしまう。

RCC野球解説の安仁屋氏は「カープは球団の体質で故障持ちや過去に怪我した人を獲得する」とRCCラジオの番組内で語った。確かに、故障持ちの選手は少なくない。過去に手術した選手を獲得したものの、怪我が再発し退団した選手も存在する。奇しくも安仁屋氏は「怪我人だから活躍する保証はない」と続けて語ったが、チームの状況を考えると、怪我人を獲得するのも不可解である。

万年Bクラスには、それなりの原因がある。選手層の薄さも、故障持ちを獲得したスカウトの目利きの弱さにあるのではないだろうか?また、育成に拘り過ぎ、未知数の選手を獲得。活躍すれば御の字というような博打的運営・・・。これら球団体質の全てを改革しない限り、カープに明るい未来は無い。
[PR]
by takaitoko | 2012-10-28 21:33 | 広島東洋カープ
プロ野球:ドラフト会議2012
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/channel/live/show/npb_draft/1343


結果を見れば野手中心。二位の鈴木誠也は内野手扱いで上位を野手で占めるのも珍しい。ただ、今回のドラフトで思うのは『なぜ、東浜直や藤浪晋太郎を指名しなかったのか』ということ。競合は必至だったが、交渉権を得る可能性もあった筈。競合を恐れるのは今回ばかりではないが、球団そして野村謙二郎監督のチャレンジ精神の無さを感じるし、シーズンに入っても、ここ一番の弱さも、この虚弱体質にあるような気がする。
[PR]
by takaitoko | 2012-10-25 22:32 | 広島東洋カープ
【広島】1位は「森でバシッと行こう」
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2012/news/f-bb-tp0-20121024-1037123.html

東巨直を指名しても競合は必至で交渉権は獲得できないかもしれない。しかし、交渉権を得るチャンスを放棄する球団の体質も如何なものか?リスクを恐れ、戦力アップの意志をまったく感じない腑抜けと言われてもしょうがない。

確かに左投手は欲しいところだが、より以上に求められるのは即戦力である筈。森雄大の実力は定かではないが、二軍でジックリ育てて・・・という方針だろう。しかし万年Bクラスのチームにあって数年後に期待する選手が必要なのだろうか?指名不要とはいわないが、競合を避ける体質には最大の違和感、不可解としか思えない。
[PR]
by takaitoko | 2012-10-24 22:38 | 広島東洋カープ
とりあえず、打撃コーチに新井宏昌氏。投手コーチに古沢憲司氏が決まった。新井宏昌氏は球団OBではなく、自身も初めてのセ・リーグ。今までのコーチといえば計ったように球団OBを採用していたが、この人事は画期的といえる。ところが、投手コーチは古沢憲司氏。生粋の球団OBではないが、カープに在籍し、コーチ経験もある。この打撃コーチは外部招聘、投手コーチは球団OBというのがどうも引っかかる。

古沢憲司氏に関しては個人的には中継ぎ投手のイメージしかなく、投手コーチとしての手腕が未知数でもある。ましてやNPBから十年以上も離れており、果たして、今のカープの若い投手陣に対応できるかという危惧もある。今回の投手コーチの人事にしても、球団OBに拘らなければ実績のある投手コーチは存在する筈。別に、古沢投手コーチを批判するつもりはないが、どうも球団として、あまり投手コーチに力を注いでいない(金銭面を含め)気がしてならない。

ツブヤイターなどでは後任の投手コーチに佐々岡真司氏の名前が上がっていたが、自身の契約の問題が左右したのだろう。ひょっとすると、近い将来、投手コーチではなく、佐々岡監督の案というか、レールが敷かれているような。
[PR]
by takaitoko | 2012-10-19 21:46 | 広島東洋カープ
現時点では正式契約ではないが、ほぼ確定的。松原氏以来の外部招聘は、松田元オーナーを始め、球団幹部のCS入りの本気さを感じ、結果はどうであれ、プチ改革といえる。個人的には石井琢朗が打撃コーチと予想していたが、あえて野村謙二郎監督よりも年上を選択したのは、それなりの理由があったのだろう。

例えば、堂林の打撃指導にしても、町田、浅井両打撃コーチよりも野村謙二郎監督の方が目立ってしまい、町田コーチにしてみれば、やりにくかったに違いない。そもそも監督というのは、どっしりと構えているものだが、野村謙二郎監督も就任一年目は大人しかったが、二年目以降は、自ら指導するようになってしまった。

野村謙二郎監督も、年上であり、外部招聘の新井宏昌氏ということで多少なりとも遠慮も生まれるに違いない。反面、打撃の結果が出ないと野村謙二郎監督が前面に出るのは必至で、新打撃コーチの真価が問われる。まずは、個々の選手とのコミュニケーションの確立が大切で、PL学園の後輩の小窪や前田健太は、パイプ役に徹してもらいたいところ。
[PR]
by takaitoko | 2012-10-18 21:39 | 広島東洋カープ

石井琢朗の野球解説

日本テレビの巨人vs中日の副音声解説として石井琢朗が出演。長年、横浜のレギュラー、一番打者、ショートということもあり、実に判りやすい話。いかんせん、解説者には慣れておらず、時々、頓珍漢な発言もあり、解説者としてはまだまだで、話が長過ぎるのも未熟なところ。

そういえば、かつての野村謙二郎監督も解説者時代は、饒舌に、選手の心理とか、実践に則した話で興味津々で聞いていた。監督就任も当初は歓迎だったが、しばらくして『監督としての経験が無く、不向き』だと痛感。石井琢朗もコーチを経て将来、監督という立場にもなるだろう。

名選手が名監督になる訳ではないが、野村謙二郎監督と比べ、投手から野手転向と苦労しているだけに、人の痛みも判り、指導者としての器は大きいに違いない。
[PR]
by takaitoko | 2012-10-17 21:26 | 広島東洋カープ
10月16日から秋季練習がスタート。しかし、大野投手コーチ、町田打撃コーチ退団に伴う、新しいコーチは決まらないまま。球団幹部は『秋季キャンプから正式にコーチとして』という考えなのだろうか?だとしたら、万年Bクラスの球団として取るべき態度ではない筈。

今季の反省を含め、新しい体制作りのためにはシーズン終了後、即、新任のコーチを決めるなど早目の対応が必要で、いわゆるスタートダッシュが完全に遅れている。とまれ、野村謙二郎監督自身も秋季練習よりもフェニックスリーグの方が重要なのか?教え子の活躍がみたいのか?秋季練習初日にズムスタには居ないのだからどうしようもない。
[PR]
by takaitoko | 2012-10-16 21:36 | 広島東洋カープ
エキサイトニュースに新設された「ブログに投稿」ボタン。便利な機能だが、ブラウザがインターネット・エクスプローラー(以下IE)の場合「ブログに投稿」ボタンを押せても、記事作成後「送信」ボタンが押せない=表示することができない。他のブラウザ、Firefox、Google Chromeでは支障は無い。
e0094686_3542555.png



e0094686_3561743.png



e0094686_3564754.png



対処法としては、記事作成画面(ポップアップした)の画面サイズを小さくすれば良い。ポップアップ画面の右上=http:www.exblog.jp/myblog/entry/bookmarklet/ と記述された右端のアイコンを右クリックし「ステータスバー」を表示させる。
e0094686_412734.png



すると最下部の右端に「100%」表示されるので下向きの三角=▼をクリックし、75%に変更すると「送信」ボタンが押せる状態になる。
e0094686_44106.png



[PR]
by takaitoko | 2012-10-12 22:47