2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

期待の新外国人2選手が入団会見
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cw201201280044.html

ミコライオ投手は顎鬚を貯え、まるで仙人のよう。本人は若く見られることへの対策だろうか?記者会見の会場入り口のドアさえ、頭よりも低い位置にあり、ミコライオは野球よりも日常生活に困るのではと予想。長身ということで打者は打ちにくいのは確かで、制球力が気になるところ。

スタビノアは体格がパワーヒッターを連想させる。会見で「走るのが得意」とも語っていたが、どう考えても盗塁ではなく、ランニング練習だろう。こちらは、新外国人は宝くじのようなもの。実際にシーズンに入って見なければわからない。
[PR]
by takaitoko | 2012-01-28 06:51 | 広島東洋カープ

ダルビッシュ有のMLB挑戦

<ダルビッシュ投手>打者との勝負求め 移籍の心境語る
http://www.excite.co.jp/News/sports_g/20120124/Mainichi_20120125k0000m050059000c.html

NPBからMLBへ行く理由は様々。ダルビッシュ有の場合はシンプルに「実力で野球がやりたい」ということだろう。「ダルビッシュだから打てない」という引用は「日本には敵は居ない」という奢りではなく「真剣勝負してくれる打者が不在」という意味に思える。プロである以上、真剣勝負ができなければ環境を変えるというのは必然。ストレートも速く、変化球の球種も多いダルビッシュ有がMLBで、どんな投球をするのか?楽しみではある。
[PR]
by takaitoko | 2012-01-25 06:53 | プロ野球
【沖縄】
監 督 野村
コーチ 大野、山内、町田、浅井、高、緒方、永田、植田、水本
投 手 福井、篠田、今村、大竹、前田健、野村、永川、斉藤、中村恭、金丸、中田、梅津、バリントン、大島、青木、岸本、中崎、ミコライオ、サファテ、今井、池ノ内
捕 手 石原、白浜、倉、会沢
内野手 東出、栗原、梵、堂林、石井、菊池、バーデン、庄司、安部、木村
外野手 中東、広瀬、松山、赤松、土生、迎、丸、スタビノア

【日南】
監 督 内田
コーチ 朝山、小林、沢崎、玉木、熊沢、森笠、青木
投 手 上野、横山、岩見、小松、戸田、武内、相沢、伊東、弦本、永川光、富永、河内、山野、塚田、菊地原
捕 手 上村、磯村、中村亘
内野手 小窪、松本、山本、申成鉉、中谷
外野手 井生、前田、岩本、天谷、鈴木、末永、嶋、中村憲、中村真、三家
--------------------------------
沖縄組=開幕一軍確定組というより期待の大きい選手組か?日南組の小窪は、それらから溢れてしまった感じがある。
[PR]
by takaitoko | 2012-01-24 06:13 | 広島東洋カープ
藤井投手が人的補償の裏側明かす、新天地で「よし!やってやるぞ」。
http://www.narinari.com/Nd/20120117117.html

ヤクルトそして日ハム。巨人では実力発揮できず、村田のFA人的補償で横浜へ。内心『どうして俺が人的補償?』という疑念もあったに違いない。巨人への杉内の入団や若返り指向と想像するが、悔しさを抱いているならば今年の藤井投手は横浜の戦力になるに違いない。
[PR]
by takaitoko | 2012-01-19 12:26 | プロ野球
「安定感より停滞感のほうがリスク」の章でショート・井端、セカンド・荒木の守備位置を入れ替えた理由を「彼らの適性である」とし「レギュラークラスの選手から慣れによる停滞を取り除かなければならない」としている。結果、不慣れによる失策も増えたが将来的に 凄い 選手になると結んでいる。

カープで二遊間いえば東出と梵だが、ブラウン監督時代に梵を二塁手として起用したことを思い出す。ブラウンがなぜ二塁手・梵としたか不明だが、無難にこなしていた印象がある。これは梵自身を含め、監督の采配にも融通が利く、良いコンバートだったかもしれない。
[PR]
by takaitoko | 2012-01-14 05:17 | プロ野球

外国人補強問題

プロ野球 夢のない補強、こんな「経験者採用」はいらない
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/npb/541630/

鮫島敬三氏は「NPBを経験した外国人は底が見えてる」と述べている。それは理解できるが果たしてそうだろうか?先発投手がリリーフにまわったり、打撃コーチの指導でバッティングがよくなったり、いわゆる覚醒する選手もいるに違いない。勿論、怪我。持病持ちは論外だが、日本野球経験者よりも新しく発掘する方が良いとは限らない。

個人的には未知数よりも日本野球を経験した外国人獲得がベストだと考える。そういう意味で、カープがバーデンと再契約したのはヒット。当然、ウィークポイントを攻められるだろうが、日本を経験したものと知らないものの差は大きい。
[PR]
by takaitoko | 2012-01-12 06:42 | プロ野球

「采配」落合博満

久々に『読みたい!』と思った本。最初から読むのではなく目次を見て興味のある箇所から読破中。「勝利の方程式ではなく勝負の方程式」の章では『岩瀬を出せば絶対勝てると思っていない。岩瀬の調子をみて』は目からウロコ。というか当然のことで、我がカープの守護神だった永川勝も『永川勝だったら何とかしてくれる』というベンチの意思で無理やり登板させ、幾度【永川劇場】を披露したことだろう。調子が悪ければスパッと他の投手にクローザーを任せる英断があればチームの順位も変わったに違いない。要はバックアップ体制=選手層を厚くすることが必要なのだろう。


[PR]
by takaitoko | 2012-01-11 07:51 | プロ野球
今季からRCCプロ野球解説者に転身した山崎隆造氏のRCCテレビの露出が多くなった。まだまだしゃべり慣れていない感もあり、どちらかというとカープに対し「肯定的」意見が目立つ。ただ、実際の現場を知っているだけにタイトルの「(今年のカープは)二位」というのは楽観的であり、RCCに迎合した見解とも思える。
[PR]
by takaitoko | 2012-01-05 07:33 | 広島東洋カープ