2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

<   2011年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

野球 - エキサイトニュース
RCCラジオは石田充アナと高橋建氏の解説。阪神・金本を「金本サン」とは建さんらしい。得点能力の少ないカープはバリントンが最少失点に抑えるしか勝ち目がない。
[PR]
by takaitoko | 2011-06-29 21:31 | 広島東洋カープ
日曜深夜のテレビ番組で「マネーボール」を放送。貧乏球団のMLBアスレチックスがなぜ、上位に入ることができたのか?

基本的に野球は27個のアウトを取られたら終了するので、アウトを取られない選手を採用する。打者は出塁率(ヒット以外に四球なども含む出塁する確率。打者がアウトにならない確率)の高い選手。高打率の選手にこしたことはないが年俸が高い。それに対し「低打率×高出塁率」の選手は年俸が安い。

今年、松井がアスレチックスに入団したのはGMのビリー・ビーンによると「四球が選べること」に注目したという。松井は2003年から2010年まで483個の四球で、2373人中25位。出塁率も.369と高い。

More
[PR]
by takaitoko | 2011-06-27 16:50 | プロ野球
野球 - エキサイトニュース
プロ入り初先発の中村。制球は安定しないものの適度の荒れと打者の内角攻めが効果的。勝ち星は付かなかったが、貧打の中日打線とはいえ、走者を背負っても無失点に抑えたのは大きい。今日も代打・前田智が浅尾からタイムリー。更に、石井琢朗も続いたのは大きい。この試合、三回裏、中村のファーストベースのアウトをめぐり、野村謙二郎監督が塁審の胸を突き退場。
[PR]
by takaitoko | 2011-06-26 17:20 | 広島東洋カープ
野球 - エキサイトニュース
初回からスライダー中心の変化球優先の前田健。三回以降、ストレートの制球もよくなってきたが、七回表、荒木に三塁打を打たれ降板。強気のストレートの攻めが災いした。しかし、今日の試合を決めたのは、前田健に代わった青木高の初球スクイズ。この四点目がカープには駄目押しとなった。三番手の上野もグスマンの初球に甘いボールと負の連鎖。まさに、試合巧者の落合ドラゴンズに完敗。
[PR]
by takaitoko | 2011-06-25 18:17 | 広島東洋カープ
野球 - エキサイトニュース
交流戦が終了し、リーグ戦再開の初戦。広島地方は地上波もBSもCSも放送なしで、久々のRCCラジオ。試合展開は投手戦か貧打戦かと思う内容だったが、バリントンが最少失点に抑え、八回裏に代打のカミサマ前田智、代打のホトケサマ松山のタイムリーで逆転。九回表、サファテがヘロヘロながらも無失点に抑えたナイスなゲーム。

ただ、ナイスなゲームの雰囲気を明日に繋げられないのも赤ヘルの持ち味。赤松も一軍復帰し、内野安打と幸先の良いスタートを切っただけに雰囲気を壊してはいけない。野村謙二郎監督の相手投手の左右に対したジグザグ打線は、良い雰囲気そして良いつながりを絶つ元凶でもあるような気がしてならない。
[PR]
by takaitoko | 2011-06-24 23:50 | 広島東洋カープ
広いストライクゾーン、交流戦優位に立ったパの投手
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110620/bbl11062021520006-n1.htm

圧倒的強さを見せたパ・リーグ。文中の「ストライクゾーンの広さ」は俄かに納得し難いが、ドラフトで即戦力中心のセ・リーグと素質のある将来のエースを獲得し育成するパとの比較は興味深い。また、相次いでMLBを目指すセの投手は、戦力ダウンの要因にもなっているのは確かだろう。

More
[PR]
by takaitoko | 2011-06-21 04:11 | プロ野球
野球 - エキサイトニュース
交流戦最下位ながら久々に野球らしい試合。先発の福井は制球が不安定ながら、右打者外角低めのストレートなど、要所を締めたのが大きい。貧打の打線も、少ないチャンスにつなぐ野球で岩本が勝ち越し。本塁打を望めないチームゆえ、大振りをやめ、ミートに徹するのがカープの生き残る道だろう。投手は最少失点に抑えることしか現状では勝ちにつながらない。
[PR]
by takaitoko | 2011-06-19 17:16 | 広島東洋カープ
野球 - エキサイトニュース
相変わらず右打者の内角を攻めないジオ。そして貧打の山。これが同じプロ野球かと、つくづく思わされた。優勝を知るチームと負けグセがついたチーム。戦力の違いこそあれ、球団の内外にショックを与える大手術が必要だ。横浜が勝ったため交流戦最下位決定。この雰囲気ではレギュラーシーズンに戻っても五位から最下位まっしぐらだろう。本来、プロ野球は夢を与えるのも仕事だが、夢どころか希望も見えない。
[PR]
by takaitoko | 2011-06-18 19:07 | 広島東洋カープ
来季からプロ野球12球団に納品する統一球の仕様について
http://www.mizuno.co.jp/whatsnew/news/nr100823/nr100823.html

低反発の「統一球」はボールの縫い目の高さが低いため、縫い目に指が引っかかりにくく、変化球の度合いも大きくなるという。また、打者にとっては飛ばないボールとなり、ヤクルトの伊勢コーチによると「5m飛距離は落ちる」とのこと。ホームランを狙うのではなく、ヒット狙いで、つなげていく野球をするチームが良いという。

More
[PR]
by takaitoko | 2011-06-17 23:17 | プロ野球
野球 - エキサイトニュース
RCCテレビ中継放送終了時点で8-2。丁度、八回裏、岩本の四球で終わった。いくら何でも今日は勝つだろうと寝床で爆睡。ところが結果8-6。

個人的には八回表に永川勝を出したということは、セーブは付かないものの九回表はサファテだと思っていた。ところが九回は試す意味もあったのか?左打者が続く楽天打線にサウスポーの岩見投入。普通の貯金のあるチームならば判るが、借金生活にあって 勝てる試合は絶対勝つ というのが鉄則。野村謙二郎監督も大野投手チーフコーチも野球の恐さを知っている筈だが、この左打者には左投手というオマヌケ継投が完璧な試合を危うい試合にしてしまい、流れも悪くしてしまった。

試合は再三のピンチを凌いだ前田健。あと三塁打が出ればサイクルヒットだった三番・丸の猛打賞と投手の踏ん張りが打線に火をつけた久々に良い試合だった。九回表を除いて。
[PR]
by takaitoko | 2011-06-16 23:05 | 広島東洋カープ