2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

先発の長谷川は、3回2安打無失点で幸先が良い。ただ長谷川投手の場合、好調不調の波があるので次回登板に期待。二番手の大島は、3回を2安打1失点とまずます。新人の岩本が初ヒット。

広島 vs. ソフトバンク 試合詳細
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/open/scores/20090228/200902284.html
[PR]
by takaitoko | 2009-02-28 17:51 | 広島東洋カープ
(共同通信社)
大きな故障者も出ず、キャンプを打ち上げた。ブラウン監督は「競争意識が芽生えて、個々の質が上がってきた。4年間で一番のキャンプだった」と戦力アップの手応えをつかんだ様子だ。
 野手で定位置が確約されているのは、一塁の栗原と二塁の東出だけ。ブラウン監督は「オープン戦では、勝ちにこだわった戦いをしながら選手の力を見極める。本当に大切な1カ月になる」とチーム内のさらなる活性化に期待した。(日南)

本当に『戦力アップ』したかどうかは、明日からのオープン戦で判明する。投手陣では、先発・高橋健投手の穴埋め。去年まで不調だった中継ぎ投手の復活。野手では、ショート、センターの固定。打順の3番は誰にするか?など、課題は多い。
[PR]
by takaitoko | 2009-02-27 19:29 | 広島東洋カープ
2月26日、大竹投手が紅白戦に初登板。初回、立ち上がりは、ストレート、スライダーのノビやキレもあり、新変化球のチェンジアップで三振も。しかし、二回、喜田剛の右肩に死球。以降、動揺したか二失点。ちなみに、喜田剛は診察せず、アイシングで様子見。

この試合で目を引いたのは、前田智外野手。ヒットはもとより、ホームベースを駆け抜けるのではなく、滑り込み。勿論、首脳陣へのアピールもあるだろうが、今の前田智は、絶好調と見た。
[PR]
by takaitoko | 2009-02-26 18:48 | 広島東洋カープ
Excite エキサイト : スポーツニュース
何かしら遠い存在のWBC。TVでダルビッシュの投球内容の悪さを見ただけ。野球解説者は「WBCの専用球に慣れていないので」と口を揃えていうが、現時点で、慣れていないのは遅すぎるのでは?
[PR]
by takaitoko | 2009-02-24 23:18 | プロ野球

WBC>28選手決定

Excite エキサイト : スポーツニュース
栗原の大舞台に立ちたいという願いも届かなかった。体調も万全ではなかったのだろう。これからは、キャンプ、オープン戦で調子を戻したいところ。それにしても原監督「28人に削ったのではない。」と語っていたが、やさしさの現われか。
[PR]
by takaitoko | 2009-02-22 19:11 | プロ野球
2/22(日) 12:55 ~ 14:20テレビ新広島 解説:達川 実況:矢野
--------------------------------
 紅軍     白軍
二 東出   中 赤松
中 中東   左 天谷
D 梵    D 嶋
三 シーボル 三 喜田剛
右 岩本   一 山本芳
左 廣瀬   右 丸
捕 倉    遊 木村
遊 小窪   捕 上村
一 井生   二 松本
--------------------------------
バッティングで目立ったところでは、東出、梵、廣瀬、赤松、喜田剛、丸。特に、丸は、初球のストレートをライト前ヒットで、思い切りの良さ+パワーを感じ、前田智を彷彿させる。注目のシーボルは、第二打席、梵を一塁に置いて、初球を打ち、併殺打と去年と変わっていない。

投手は、篠田、齊藤、小松、長谷川が登板。小松は、カウントを追い込んでからの落ちる球種(スライダーか)が効果的で、ストレートのノビもあり、コントロールも良で、開幕一軍も。あと、齊藤は初回、微妙なコントロールに苦しみ、制球力が課題。

守備走塁は、赤松、東出の積極的な盗塁が目立った。ただ、去年のように、シーズンに入ると盗塁しないことも予想され、簡単に喜べないが。守備では、雨天を予想し、午前10時試合開始のためか、倉と上村の調子がいまいち。特に、倉は二塁送球がワンバンドや捕逸で荒れた。サード・喜田剛は、梵のボテボテの当たりを一塁セーフとしたが、まぁまぁの出来。

More
[PR]
by takaitoko | 2009-02-22 14:38 | 広島東洋カープ
日南春季キャンプ第2クール2日目の20日、昨季日本一の西武と練習試合が行われた。

いやはや、RCCラジオの速報によると、良いところなし。あえていえば、林投手が好投したとか。他の投手は、四球を連発して打たれるという悪いパターン。練習試合とはいえ、今までと同じような内容では・・・。打者では、4番・喜田剛が、4打数3安打。ルーキーの岩本は、6番で出場するも凡退。RCCテレビの動画を見る限り、変化球の見極めに難ありか。とまれ、去年の覇者、埼玉西武ライオンズの貫禄に負けたのではないということを信じたい。
[PR]
by takaitoko | 2009-02-20 18:07 | 広島東洋カープ
Excite エキサイト : スポーツニュース
高橋建投手のブルージェイズ入団のライバル(?)とされていた野口茂樹投手が入団契約不成立。野口投手は気の毒だが、これで、高橋建投手も、半歩、MLBに近づいたような。ちなみに、高橋建の背番号は86で、ボストン・レッドソックスの田澤純一投手も同じ、86。
[PR]
by takaitoko | 2009-02-19 12:02 | プロ野球
紅白戦とはいえ、15日に続く二戦目で、二塁打を含むヒットを打った岩本選手。映像を見る限り、左中間の二塁打は、単に当てているのではなく、ヒットポイントまで呼び込み、打ち返しているのは見事。怪我さえなければ、開幕一軍。或いは、開幕スタメンも?
[PR]
by takaitoko | 2009-02-17 20:58 | 広島東洋カープ

今思う投手采配

先 発:大竹、ルイス、前田健、篠田、齊藤、長谷川
中継ぎ:横山、梅津、大島、シュルツ、ドーマン、上野、青木高、岸本
守護神:永川
--------------------------------
コズロースキーは、先発経験もあり、昨年の状態から思うと中継ぎでは不安がある。中継ぎのサウスポーは最低でも二人欲しい。とまれ、今季のキーパーソンは、ズバリ!長谷川。長谷川が先発で計算できれば、投手陣が安泰なのは間違いなし。

追記:野球解説の佐々岡氏は「シュルツ先発」とのこと。ドーマンが計算できれば、変化球の種類もあり、5回か6回は投げれるのではないか、とのことだが、さて?
[PR]
by takaitoko | 2009-02-14 11:44 | 広島東洋カープ