2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

<   2008年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

1  岩本貴裕  外  亜大

2  中田 廉  投  広陵高

3  小松 剛  投  法大
4  申 成鉉  内  京都国際高
育成 松田翔太  投  金沢学院東高
--------------------------------
上本博紀内野手(二塁手)が阪神と交渉権を持ってしまったのは惜しい。左投げ左打ちの外野手と右の本格派投手との交渉権を得たが、サウスポー不在が残念なところ。日南学園高の有馬翔投手はソフトバンクホークス。 育成枠で、サウスポーの松田翔太投手を指名。

プロ野球ドラフト会議2008
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/draft/08season/live/draft1.html
[PR]
by takaitoko | 2008-10-30 17:00 | 広島東洋カープ

洋画>チャンス・ボール

野球選手としての能力は高いものの、一匹狼で、チームから孤立し、野球も楽しめないメジャーリーガー、トミー・サンタ・サントレッリの話。41歳の彼は、バッティング練習で、額に死球を受ける。気がつくと、30年前の自分にタイムスリップする。
--------------------------------
FA移籍で悩む選手は観たい作品。チーム愛を取るか、自分を愛するか、という選択に迫られた時、一つのアドバイスになるだろう。最後は、ホロッとさせられる。

[PR]
by takaitoko | 2008-10-29 16:38 | プロ野球

東出FA交渉

28日、球団と東出の二回目の交渉があり「単年契約か、複数年契約かを話し合った」と本人の弁。FA行使に関しては「日本シリーズ後に発表する」とのこと。
[PR]
by takaitoko | 2008-10-28 18:43 | 広島東洋カープ

ルーツ元監督が死去

(中国新聞)
プロ野球広島で監督を務めたジョー・ルーツ氏が20日、83歳で死去した。米フロリダ州のサラソタ・ヘラルド・トリビューン紙(電子版)が伝えた。ここ数年は脳卒中と糖尿病により闘病生活が続いていたという。

 ルーツ氏は米大リーグで選手とコーチを経験。1974年に広島の打撃コーチとして来日し、75年に監督に就任した。シーズン序盤で帰国したが、同年リーグ初優勝を果たした広島の礎を築いた。(共同)

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200810280030.html

日本プロ野球初の外国人監督だったルーツ。監督就任期間は短かったが、赤を基調としたユニフォームや帽子に変え、負け犬根性に染まっていたチームを変えるキーパーソンだったのは間違いない。合掌。
[PR]
by takaitoko | 2008-10-27 21:53 | 広島東洋カープ
「シーズン終了後、梅津投手が四日間の断食修行をした」とのこと。詳細は不明。
[PR]
by takaitoko | 2008-10-26 22:03 | 広島東洋カープ
Excite エキサイト : スポーツニュース
たまたま衛星放送を見ていた。サヨナラの場面で、レイズは右翼手が内野手用の小さめのグラブに変え、セカンドベース位置に立ち、第5の内野手として。フィリーズのルイスの打球は、三塁手手前にボテボテのゴロ。三塁手も素手で取り、ホームに投げたが、山なりのボール。

内野手5人シフトは、2006年、ブラウン監督が二度(だったか?)見せたが、いずれも失敗。成功したシーンは中々、見ることができない。
[PR]
by takaitoko | 2008-10-26 16:11 | プロ野球

ブラウン監督続投決定

(RCCテレビより)
10月23日、ブラウン監督と来季(2009年)の契約が決定した。内容は、契約一年。40万ドル+出来高。来季Aクラスに入れば、再来年(2010年)の続投も。今週末にも契約書にサインする。リブジーコーチにも続投要請中。

そもそも、契約という大事なことを電子メールなどの文書で交わすというのも如何なものか。更に、日本語と英語という壁もあり、来季は、フェイス・トゥ・フェイスで交渉は行うべきで、ブラウン監督を始め、カープ球団にも、賢明さが必要だ。
[PR]
by takaitoko | 2008-10-23 18:47 | 広島東洋カープ
(中国新聞)
プロ野球広島東洋カープのマーティー・ブラウン監督(45)が21日、広島球団と近日中に契約合意する見通しとなった。同日午前、監督の代理人から、監督権限の強化などを求めた3項目の「付帯条件」の削除と、謝罪の意を記した文書が届いた。このため、球団側も契約へ向けて再び条件提示することを決定した。年俸、契約年数での隔たりはなく、近日中に来季の続投が決まる。

やれやれ、という感じ。ブラウン監督が、より監督権限強化を求めたのは理解できるが、遺恨を残し、来季に臨むことになり、勝率五割、CS進出が果たせないと即解雇もありうるだろう。
[PR]
by takaitoko | 2008-10-21 16:31 | 広島東洋カープ

(RCCテレビ「イブニングニュース広島」より)
10月20日、FA権を取得した東出が球団と初会合。「最終的には誰にも相談せず、自分で決める」と本人の弁。次回交渉は未定。

次回交渉は未定とのことだが、遅くても秋季キャンプまでなのは間違いない。
[PR]
by takaitoko | 2008-10-20 18:50 | 広島東洋カープ

(RCCテレビ「イブニングニュース広島」より)
カープ球団は、ブラウン監督側の提案の三項(詳細不明)を削除するよう、今晩、電子メールする。

遅くても、今週で、ブラウン監督の去就が明確になる。個人的には、外国人監督よりも、日本人監督が、スッキリするのだが、さて結果は如何に?
[PR]
by takaitoko | 2008-10-20 18:47 | 広島東洋カープ