2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

<   2008年 05月 ( 63 )   > この月の画像一覧

中継ぎ投手が抹消され、先発候補二人が登録。それにしても毎回、感じるのは、実績のある投手を登録するのは良いが、もっと威勢の良い投手はファームにはいないのだろうか。
[PR]
by takaitoko | 2008-05-31 13:50 | 広島東洋カープ
5月30日、バレーボール・Vプレミアリーグ女子のJTは、菅山かおる選手が5月31日付で退部、同社も退社すると発表した。
--------------------------------
全日本女子では、身長169cmと恵まれない体格で、アタッカーそしてリベロと活躍したものの、北京五輪に向けてのメンバーに選ばれず燃え尽きてしまったか?
[PR]
by takaitoko | 2008-05-30 17:13 | 女子バレーボール
同じサイドハンドの二人が抹消。
[PR]
by takaitoko | 2008-05-30 15:33 | 広島東洋カープ
2008年5月28日(木)広島市民球場
RCC(解説:安仁屋 実況:長谷川)TSS:消音
--------------------------------
8 天谷
4 東出
9 アレックス
3 栗原
7 前田智
5 喜田剛
6 梵
2 石原
1 ルイス
--------------------------------
西武のエース・涌井の変化球に手こずったが、4回裏、ライト・G.G.佐藤の拙守に助けられ、2得点。6回裏、石原の気迫の一塁ヘッドスライディングで1得点。それにしても、ブラウン監督は犠打を積極的に使わない。強きの采配は良いのだが、エース級の投手相手には、犠打を使うべきであろう。

梵が、軽快な守備を見せ、ヒットも2安打と、ようやくエンジン全開か。対して、アレックスはイージーフライを捕れないなど、バッティングにも疲れが見えた。
[PR]
by takaitoko | 2008-05-29 21:00 | 広島東洋カープ
5月29日、スコット・シーボル内野手は、広島市内の病院で痛めていた右肩の検査を受け、「右肩挫傷」と診断された。
--------------------------------
「右肩挫傷」とは些か妙ではあるが、原因は不明。それにしても、打撃不振に加え、怪我で離脱とは如何なものか。打撃不振と怪我の因果関係は不明だが、交流戦の出番は難しい。森笠も実績があるのだが、ファームには、もっとやる気やガッツのある野手が存在すると思うのだが?
[PR]
by takaitoko | 2008-05-29 16:04 | 広島東洋カープ
2008年5月28日(木)福山市民球場
RCC(解説:安仁屋 実況:坂上)HTV(解説:コージ、野村 実況:森)
--------------------------------
8 赤松
4 東出
9 アレックス
3 栗原
6 梵
7 廣瀬
2 倉
5 小窪
1 大島
--------------------------------
2007年5月11日の横浜戦以来の先発・大島。5イニングスを2失点と上々の出来で、次回、先発も。西武の先発・石井一を予想して、レフト・廣瀬が今季初、先発スタメン。シーボルは今日も休養。試合のポイントは5回裏、一死満塁で栗原が併殺打。連日の逆転再現を期待したが、石井一の投球に的を絞れず、力んだが?6回表の3ランは、その嫌なムードが反映された結果といえる。

それにしても謎の采配。6回裏、二死2・3塁で、右投手の大沼に前田智はなかったか?更に、8回裏、相手のミスもあり2得点したが、一死2・3塁で倉に代打はなかったか??試合展開により、喜田剛も良いのだが、相手に反撃ムードというプレッシャーを与えたいのならば他の選択肢があったはず。

9回裏、東出のセーフティバントで無死満塁としたが、アレックス、栗原の打ち損じが響き、4連勝でストップ。中継ぎ・林の出来も悪かったが、適材適所に代打を送らなかった采配も、勝ちにつながらなかった要因といえる。

More
[PR]
by takaitoko | 2008-05-28 21:10 | 広島東洋カープ

勝って兜の緒を締めよ

オリックス、ロッテに連勝し、4連勝と流れに乗っているようにみえるが、両チームともに、パ・リーグ5位、6位のチームであり、飛車角落ちの相手と対戦しているようなもの。明日から、西武、楽天、日本ハムの2連戦が始まり、カープの実力が試される。

それにしても、ここにきて好調な選手と不調な選手の差がハッキリしてきた。打率でいえば、栗原が昇り調子。東出が一番好調で、打撃成績・打率.336で現在、5位。アレックスも昇り調子とはいえないが、スタメンの3番から外せない。

一方、不調の代表はシーボル。素人目にもバッターボックスで、ホームベースから離れているのは如何なものか。リーチが長いので外角のボールも対処できるのだろうが、あれだけ離れていては外角の変化球特に逃げていく球種は空振りであろう。更に付け加えれば、シーボルには、オリックスのカブレラのような迫力が欲しい。普段から物静かで大人しい性格のようだが、バッターボックスに入った時の意気込みが感じられない。

次に、梵。開幕してからの不調さは、寒さのせいか。前日の試合では、アンダーウェアも半袖になり、気候に慣れてきたようだが、ストレートの空振りを見る限り、本調子とはいえない。やはり、梵はホームランを打つことで、調子を取り戻すしかないのだろうか。

More
[PR]
by takaitoko | 2008-05-27 03:13 | 広島東洋カープ

大山加奈が北京五輪断念

5月26日、バレーボール全日本女子の登録選手の大山加奈(23歳、東レ)が、故障の回復が遅れているため、今夏の北京五輪出場を断念する意向であることを明らかにした。
--------------------------------
腰痛から少しずつ回復傾向にあるものの、今年の現役復帰は難しいとのこと。スポーツ選手にとって怪我はつきものだが、北京で“メグ・カナ”が見れないのは残念。
[PR]
by takaitoko | 2008-05-26 22:08 | 女子バレーボール
2008年5月26日(月)広島市民球場
RCC(解説:木下 実況:石橋)HOME(解説:大下、北別府 実況:榮)
-------------------------------
8 天谷
4 東出
9 アレックス
3 栗原
7 前田智
6 梵 
2 石原
5 小窪
1 大竹 
--------------------------------
またまた打撃不振のシーボルが先発スタメンから外れ、サードに小窪。先発の大竹、初回2点取ってもらったものの、2回、3回、4回と連続失点。解説の北別府氏が「大竹もヒゲを伸ばして気分転換しようとしているのでしょうけど、もっとやることがあるのでは」と哀れみを含む一言。結局、5イニングスで降板したが、メンタル面の弱さ以上に練習や調整不足を感じる。とまれ、打線に助けられ、2勝目。

それにしてもパ・リーグ最下位のロッテ故か、昨日までの流れの継続か、5回裏に逆転。野球に限らず、スポーツには流れがある。不調の選手を外し、嫌な流れを絶つことで、勝ちを呼び込むことができることを証明した試合であった。

More
[PR]
by takaitoko | 2008-05-26 21:20 | 広島東洋カープ
【全日本スタメン】

栗原 恵 (ウイングスパイカー)
竹下佳江 (セッター)
高橋みゆき(ウイングスパイカー)
佐野優子 (リベロ)
杉山祥子 (ミドルブロッカー)
荒木絵里香(ミドルブロッカー)
木村沙織 (ウイングスパイカー)
--------------------------------
やはり、世界ランクが日本より上位の差か、フルセットまで持ち込んだが、セルビアのニコリッチに代表される高さにやられた。日本も、高橋に連戦の疲れが見え、昨日までの勢いが無かった。

More
[PR]
by takaitoko | 2008-05-25 21:38