2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

<   2007年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2008監督・コーチ

【1軍】
監督 マーティー・ブラウン(44)=ジョージア大、71
ベンチ ジェフ・リブジー(41)=オーバーン大、75
打撃統括 内田順三(60)=駒大、72
打撃 小早川毅彦(45)=法大、88
投手 小林幹英(33)=専大、73
投手ブルペン担当 沢崎俊和(33)=青学大、87
内野守備・走塁 高信二(40)=東筑高、77
外野守備・走塁 永田利則(46)=広島商高、85
バッテリー 植田幸弘(43)=南部高、84
ブルペン補佐 水本勝己(39)=倉敷工高、89

【2軍】
監督 山崎立翔(49)=崇徳高、76
打撃 浅井樹(35)=富山商高、82
投手 山内泰幸(34)=日体大、80
内野守備・走塁 岡義朗(53)=岡山東商高、74
外野守備・走塁兼打撃補佐 朝山東洋(31)=久留米商高、83
バッテリー 熊澤秀浩(41)=春日丘高、78

3軍バッテリー 道原裕幸(58)芝浦工大、81
3軍野手 阿部慶二(46)=PL学園高、86


More
[PR]
by takaitoko | 2007-10-31 07:56 | 広島東洋カープ
10月29日、2007年11月2日から開催される「FIVBワールドカップ2007」の12名のメンバーが発表された。
--------------------------------
1 栗原 恵
2 大山 加奈

3 竹下 佳江
5 高橋 みゆき
8 多治見 麻子
9 杉山 祥子
11 荒木 絵里香

12 木村 沙織
15 河合 由貴
16 大村 加奈子
17 佐野 優子
18 庄司 夕起
--------------------------------
ウイングスパイカー
セッター
ミドルブロッカー
リベロ
--------------------------------
大山加奈が腰痛、右肩痛のリハビリを経て、復活。河合由貴は、東九州龍谷高等学校の17歳でセッター。アジア選手権で優勝しているだけに、今試合のメダルも夢ではない。柳本監督も「最強のチーム」と断言。
[PR]
by takaitoko | 2007-10-29 15:34 | 女子バレーボール
10月23日、巨人の前1軍打撃コーチ・内田順三氏(60)が3年ぶりに広島に復帰することが分かった。小早川毅彦コーチとともに1軍打撃コーチを担当する。近日中に契約し、早ければ日南秋季キャンプで合流の予定。「打撃陣再建」に向け、動きだす。
--------------------------------
小早川打撃コーチと共に打撃コーチが二人・・・と、悪い選択ではないが、明らかに、小早川打撃コーチ一人では役不足ということを露呈した。打撃コーチ二人となると、その分、年俸も増えるのだが、選手を補強しようという意志は無いようだ。
[PR]
by takaitoko | 2007-10-24 03:36 | 広島東洋カープ
10月22日、植田幸弘氏(43)の一軍バッテリーコーチ就任を発表した。来季の全体の新しい首脳陣は近く発表される。植田氏は和歌山・南部高から 1983年に広島に入団し、94年に西武に移籍。2004年から今季まで西武でコーチを務めていた。26日から宮崎県日南市で行われる秋季キャンプに参加する予定。熊澤バッテリーコーチは二軍担当となる。
--------------------------------
伊原春樹監督の時、バッテリーコーチだったとのこと。実績は不明だが、新しい血を入れることは大いに行って欲しい。バッテリーコーチに続き、投手コーチも新しい血が必要なのは間違いない。※広島東洋カープ公式サイトで秋季キャンプのメンバーが発表されたため、バッテリーコーチ以外の入れ替えは無い模様。
[PR]
by takaitoko | 2007-10-22 22:20 | 広島東洋カープ

黒田、FA宣言

10月18日、黒田博樹投手(32)が「日本シリーズ終了後にFA宣言する」との意向を球団に伝えた。
--------------------------------
RCCの報道、黒田本人のメッセージによると「カープ残留か。MLBか選択する」とのことで、日本の他球団の選択は無い模様。FA権を行使するのは当然のことであり、カープ球団も黒田で優勝したいのならば、それなりの条件を出す必要があるが、金銭面では苦しいものがあり、MLB行きの可能性が高くなった。
[PR]
by takaitoko | 2007-10-18 16:02 | 広島東洋カープ
10月17日、来季キャプテンに新井貴浩内野手(30)が指名されることが、明らかになった。従来の投手キャプテンは置かず、ひとりキャプテンとなる。
--------------------------------
黒田がキャプテンを外れたということで『ひょっとしてMLB?』という疑念もわくが、それも黒田と球団の約束事なので仕方のないこと。新井には、FA宣言した上で、カープを始め、他球団と交渉すればよい。カープ球団が本当に優勝を目指す気持ちがあり、環境改善や選手補強などの実行に移せば、新井の移籍は無くなるに違いない。
[PR]
by takaitoko | 2007-10-18 11:57 | 広島東洋カープ

秋季練習開始

10月15日、秋季練習が、大野屋内総合練習場で始まった。ブラウン監督は地域活動のため不在だったが、所用で欠席した東出を除く主力選手がそろい、投手陣はダッシュや筋トレ、野手陣はノックやティー打撃などで約2時間、汗を流した。
--------------------------------
秋季キャンプ(10月26日~11月)では実戦練習中心で、今季、犠打95個が象徴するように実際に投手の投げたボールでバント練習するとのこと。確かに、野手、投手ともに、ことごとくバント失敗という場面は記憶に残り、野手・投手全員が確実にできるようにする必要がある。あと、バッテリー間の守備もパスボールやワイルドピッチがあり、サイン交換を含め、大事な場面で捕逸しない練習も。

報道では、永川自身、コントロールの悪さを認識しているようで、フォームの矯正に取り組むとのこと。果たして阪神の藤川のように、セットポジションで球速の速い、コントロールされたボールを投げることができるかどうか。
[PR]
by takaitoko | 2007-10-16 10:06 | 広島東洋カープ

プレーバック ’07

中国新聞のカープ情報の「プレーバック ’07」は今季を振り返る記事であるが、10月12日付けの「100球交代制」は共感できる内容。交流戦を境に中継ぎ、抑えが滅多打ちになった要因は、先発投手を100球前後で交代させたためということだが、確かに完投は、黒田7試合、大竹3試合のみ。

RCC野球解説者の安仁屋氏が「キャンプの走り込み不足。投げ込み不足」「試合当日の練習不足」を指摘していたが、総合的にスタミナ不足であったのは間違いない。要するに中継ぎ投手、抑え投手の個々の質ではなく、安定感が無かったのが最大の原因で、来季は、中継ぎ投手の練習方方法、起用方法が最大の鍵となる。
[PR]
by takaitoko | 2007-10-12 03:24 | 広島東洋カープ
10月11日、広島市は新球場のスコアボード設備工事入札で、パナソニックSSエンジニアリング(横浜市)の落札を決定した。同社は現球場のスコアボードを設置した松下電器産業(大阪府門真市)が100%出資するグループ会社。落札額は3億4440万円で落札率は 90.39%。サービス向上のため、文字サイズ、映像表示部分を現在の市民球場(中区)の約1.2倍とする。
--------------------------------
パナソニックSSエンジニアリング株式会社
[PR]
by takaitoko | 2007-10-11 21:38 | 広島東洋カープ

高津に戦力外を通告

10月10日、ヤクルトは高津臣吾投手(38)に戦力外を通告した。高津は、広島工高から亜大を経て1991年にドラフト3位でヤクルト入り。リーグ優勝5度、日本一4度の黄金期を支えた。2005、06年には米大リーグのホワイトソックス、メッツに在籍し、99試合で8勝6敗27セーブ。06年にヤクルトに復帰した。日本での通算成績は598試合、36勝 46敗286セーブ。防御率は3.20。
--------------------------------
ヤクルトの幹部は「もう一度、ヤクルトに入団したければトライアウトを」とのことだが、高津に現役続行の意思があれば、カープも獲得を考えるべきであろう。年齢的に厳しいものがあるが、勝ち試合の1イニング限定という条件があれば、まだまだ通用する。
[PR]
by takaitoko | 2007-10-11 10:25 | プロ野球