2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

<   2006年 03月 ( 56 )   > この月の画像一覧

2006年3月31日(金)【開幕先発オーダー】

8 緒方
7 前田
5 新井
9 嶋
3 栗原
4 梵
2 倉
6 山崎
1 黒田 - 横山(1勝) - ベイル(1S)
  95球   35球       10球
--------------------------------
6回表、梵が、川上から2-1からセンター前にプロ入り初安打達成。先発の黒田は、6イニングを無失点に抑え、7回、8回と横山も無失点。中日も、川上、岡本、岩瀬と必勝リレーに持ち込んだが、リリーフエースの岩瀬が誤算で、代打・廣瀬の2塁打、緒方のセンター前タイムリー、前田のライトオーバー2塁打と、この回、2得点。9回から、リリーフエースのベイルが、立浪、谷繁、高橋を三者凡退に抑え、開幕勝利した。

More
[PR]
by takaitoko | 2006-03-31 21:55 | 広島東洋カープ
マーティ監督が「ショートよりもセカンドの方が長い間、活躍できる」
と語っていたのだが、今朝のRCCラジオ「寺内優のおはようラジオ」
に野球解説者の木下氏が出演し「社会人ではショートでも良かったが、
プロ野球レベルでは下手なので、セカンドの方が良い。ショートは捕球
してすぐ投げる必要があるが、セカンドは、前に落としても間に合う。
ショートとは動きが逆だが、巧くなるには経験しかない」
--------------------------------
近年、カープのセカンドで巧い!と思ったのは、木村拓のみで、梵が、
セカンドで固定できれば、守備のよい山崎ともども安心して見られる。

関係ないが、梵の父親の名前が、梵照英で、母親が梵恵。
[PR]
by takaitoko | 2006-03-31 08:06 | 広島東洋カープ
セ・リーグ開幕前夜、NHK広島で「徹底分析・ブラウン新監督の大改
革」と題して放送。二宮清純と大野豊がゲスト出演。
--------------------------------
【ブラウン語録】
・Same page
・足元を動かせ…投手の場合、打者の足元を狙えと指示。切り口を変える
・ロードゲームは勝とう
・グッドジョブ! …アウトになった選手に声をかけた。
・平行カウントではもっとも得意なボールをストライクゾーンへ投げろ。…投手の自信回復
・1イニングごとに勝負しろ…目の前のプレーに集中すると前向きになれる。

二宮:監督は球場ごとにオーダーを変える可能性がある。臨機応変に早
   めに対応する策を監督は持っているのではないか。勝ちゲームと
   負けゲームで投げる投手(モップアップ)を明確にする戦略があ
   るのではないか。
--------------------------------
キーワード:二宮「シーズン・プラン」…役割分担を明確にさせる。
      大野「オール・イン」…総力戦。
--------------------------------
【ブラウン改革 三つのキーワード】
①自主性を育てろ
 ・猛練習をやめた結果、時間後、選手個々で決めた練習を始めた。
②対話を重視
 ・野球の話からプライベートのことまで選手と会話した。
③心をひとつに

大野:キャンプの量よりも質など、だいぶ変わった。ブラウン改革の成
   果は出ている。
二宮:練習のための練習ではなく、試合のための練習をした。更地から
   三年後を見据えた、組み立てる絵図を監督は持っている。
--------------------------------
【アメリカマイナーリーグ3Aのブラウン監督】
(選手の話)
・スランプの時、笑いながら手を差し伸べてくれた。
・よくあることだ、努力をすればきっとよくなる。
(GMマイク・バッコウスキーの話)
・マーティは私利私欲がなく、とにかく選手を助けたい。
・選手時代成功したとはいえない。監督とコミュニケーションが取れな
かったことがある。
・試合前、全員を集め「戦場へ行く準備は整ったか」「今日が君の最後
の試合だとする。君を見たい少年がいたとする。君はどんな姿を少年の
記憶にのこしたいんだい」
・連敗後、今日はもう帰ろう。君たちのプレーは僕の誇りだよ。…チー
ムは翌日から三連勝。
--------------------------------
[PR]
by takaitoko | 2006-03-30 22:00 | 広島東洋カープ
3月30日、新球場の事業提案を審査していた市の新球場設計・技術提
案競技選考委員会は、秋葉忠利広島市長に竹中工務店(大阪市)が主体
の共同企業体のプランを「三つの条件付きで最優秀賞に決めた」との結
論を伝えた。広島市は、正式に出される報告書を精査し、判断する。
(条件)
・シンボルアーチ部分の事業費調達方法や返済計画を明確化する
・設計の進入路が、ヤード跡地を分断してしまうので、見直す。
・カープや利用者の意見を反映させる。
--------------------------------
設計は、札幌ドームなどを手がけた、原広司氏ということで、某設計士
のような不安はないものの、不測の事態があったものの、コンペという
基本姿勢から離れ、一社に決める方向に進むのも、如何なものか?と思
う。

2006年度は、提案に基づく、基本・実施設計に費やし、2007年
度に着工ということで、スケジュールに忠実に動いているように見える
し、もう少し、慎重であったほうがよいだろう。そもそも、球場のみの
目的なのか、多目的に使うのか、という概念が、感じられない。
[PR]
by takaitoko | 2006-03-30 17:05 | 広島東洋カープ

開幕一軍メンバー

投手  15 黒田 博樹
    17 大竹 寛
    20 永川 勝浩
    21 ダグラス
    22 高橋 建
    23 横山 竜士
    28 広池 浩司
    30 ロマノ
    42 長谷川 昌幸
    46 大島 崇行
    49 ベイル
    53 林 昌樹

捕手  27 木村 一喜
    31 石原 慶幸
    40 倉 義和

内野手 00 山崎 浩司
     2 東出 輝裕
     5 栗原 健太
     6 浅井 樹
    25 新井 貴浩
    32 梵 英心
    38 福井 敬治
    45 松本 高明
   
外野手  1 前田 智徳
     9 緒方 孝市
    26 廣瀬 純
    41 森笠 繁
    55 嶋 重宣
--------------------------------
結局、投手12人、捕手3人、野手13人に確定したようだ。第5の先
発投手予定の佐々岡が入っていないのは、4月8日に向けての調整の為
か。それにしても、先発の黒田、大竹、ダグラス、大島。抑えの永川、
ベイル。セットアッパーの横山を除く、高橋、広池、ロマノ、長谷川、
林の5人が中継ぎ投手と思われるが、どのような采配になるのだろう?

More
[PR]
by takaitoko | 2006-03-29 22:27 | 広島東洋カープ
・広島市民球場の練習や護国神社必勝祈願の模様。
・記者がマーティ監督に「開幕投手は?」と聞かれ「クロダサン」と明
言。先発オーダー発表に関しては「是非、ナゴヤドームに来てくれ」と
し、先日、タクシーに乗った時、運転手に開幕オーダーを質問され喋っ
てしまい「良いオーダーだ」と運転手は語ったとのこと。「開幕のオー
ダーを知りたければ、その運転手を探せばよい」話し、「その運転手の
ヒントは“日本人”」とのこと。
--------------------------------
四球を減らすことより、守備のテンポがよくなり、全体的に満足してい
るとのこと。開幕オーダーは、先日の巨人戦と思われるが、日々、強く
なるためには、開幕三連戦の闘い方が重要となる。
[PR]
by takaitoko | 2006-03-29 18:50 | 広島東洋カープ
3月27日、午前11時から、広島東洋カープのマスコットなどを車体
にあしらった広島電鉄の路面電車「カープ電車」の出発式が、西広島駅
であった。広電がカープを応援しようと初めて企画し、プロ野球公式戦
が終わる十月まで運行する。
--------------------------------
マーティ監督、昨日の巨人戦の疲れも感じさせず、午前11時からの式
にスーツ姿でスライリーとともに登場。西広島駅から広島駅までの運行
を楽しんだ。

その他、TSSでは、先日のサタスポの内容の繰り返しで戦力分析。R
CCは、実況17年の長谷川アナが、昨日の巨人戦の黒田について、変
化球は、ほとんど投げなかったので、シーズンに入っても問題はないだ
ろう・・・とのこと。
[PR]
by takaitoko | 2006-03-27 18:56 | 広島東洋カープ
RCCの野球中継を担当する坂上アナのブラウン監督の情報。
--------------------------------
・1996年までカープ在籍後、トリプルAで少しプレーして、退団後
 家族とワールドシリーズを観に行った時、改めて、野球の楽しさを知
 り、もう一度、指導者として野球に携わりたいと感じた。
・ヤクルトに行ったラロッカには「カープのチーム事情で、解雇したが
 君は十分、プレーできる。」とフォローを忘れなかった。
--------------------------------
寺内優のおはようラジオ
坂上俊次
[PR]
by takaitoko | 2006-03-27 08:52 | 広島東洋カープ
【オープン戦総まとめ】

山本:いま、負けが込んでいる方がよい。開幕に向けての一週間が重要。
   ブラウン監督を始め、個々が新鮮な気持ちになっている。
野村:開幕は緊張するので、悪いのがいま、出た方がよい。
池谷:オープン戦でよい戦いをした。キャンプで投げ込み不足だった投
   手陣も、当初、よい勝ち方をしたのが自信がついたのでは。
--------------------------------
【やる気コメント】

梵:楽しみなのと不安なのが半分半分ですけどまぁやっぱり勝負に勝つ
  というかチーム内競争に勝つ事が一番大事なので、とにかく開幕ス
  タメンを目指してやっていきたい。ケガもなくきているので気を緩
  めずに自分に刺激を与えながらやっていきたい。
栗原:シーズン全試合フル出場を一番の目標にあげている。数字は3割
   30本を目標に。おととし開幕スタメンで使ってもらい、3連戦
   ノーヒットだったんで今年は初打席からガンガン行きたい。
大竹:いっぱい勝ちたいという気持ちが強い。去年ふがいないピッチン
   グが多かったので今年はどんどんストライクゾーンを攻めていっ
   てテンポ良く見ている人も自分もスカッとするようなピッチング
   をして尚かつ勝ちたい。黒田さんひとりじゃないぞというところ
   を見せていきたい。
前田:いくつになっても純粋に野球がうまくなりたいと思ってやってる。
   うまくなりたいとみんな思う事は一緒だと思うし、そういうもの
   がひとつになって監督のもとで色んな事にもう一回、一から勉強
   していくというかチャレンジしていく。このチームが来年、再来
   年とはい上がっていく、もう一回はいあがっていくためには通ら
   なくてはいけない道がたくさんある。あとは信じて頑張るだけで
   すね。
--------------------------------
【ブラウン流投手改革徹底検証】

中継ぎ 右投手:長谷川、横山、ロマノ、林
    左投手:広池、高橋、佐竹
抑え  ベイル、永川

オープン戦   今年   去年
  四球    31←  50
  防御率 2.96←4.51
--------------------------------
【ブラウン流新打線徹底検証】

昨シーズンの出塁率 緒方 .381   前田 .376

ブラウン戦術 エンドラン、ダブルスチール、スクイズ、0-3からの
       ヒッティング
--------------------------------
【他球団の要注意選手】

     山本   池谷   野村
-------------------
阪神   シーツ  矢野   金本
中日   荒木   川上   荒木
横浜   多村   三浦   村田
ヤクルト 青木   古田   ラロッカ
巨人   高橋   小坂   小坂
-------------------
--------------------------------
【開幕戦の戦い方】

山本:岩瀬の前の岡本を出さないこと
池谷:黒田の交代時期。
野村:たすきわたし野球をやってもらいたい。
--------------------------------
[PR]
by takaitoko | 2006-03-27 01:21 | 広島東洋カープ

オープン戦>総括

課題であった「投手力」に関しては、3月25日終了時点で、防御率が
2.93と巨人と並び同率2位。打率は、.281とダントツの1位。
このままの状況ならば、シーズンに入っても、上位が狙いえるが、オー
プン戦後半のような打撃の低迷時期に、如何に、機動力を活かすかが課
題となった。

出塁率を考慮した、緒方-前田の1、2番では、好調の時は良いが、機
動力を活かすのは難しい。更に、新井-嶋-栗原と続く、重量打線も、
好調と不調の時のバッティングが気がかり。

反面、投手陣は、先発-中継ぎ-抑え、個々の役割が明確になり、小刻
みな継投で、相手打線を抑えることができれば問題はなし。解説の中畑
が「黒田-高橋-長谷川-横山と続く投手リレーは先発投手を並べたよ
うですごい」と語っていたのだが、確かに、シーズンに入っても、実績
のある投手が本来の力を出して、次々と登板すれば、強力な投手王国と
なるだろう。

とまれ、三ヵ年計画で、優勝を狙うチーム創りを目指す、マーティ監督
にとっては、とりあえず「投手」「二遊間」の基本的な地盤固めは着実
にできたようだ。

More
[PR]
by takaitoko | 2006-03-26 17:00 | 広島東洋カープ