2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

カテゴリ:女子バレーボール( 190 )

スポーツ総合 - エキサイトニュース
初戦からブラジル相手とは分が悪いと思っていたが、何のことはない第一セットは大敗したものの、第二セットは僅差で勝利。結局、フルセットに持ち込み、僅差の勝利は日本にとって大きい勝ちとなった。特に、木村と江畑の活躍が際立ち、ラストも三人ブロックの隙間を狙った木村のアタックが決まった。身長差10センチは、どうしようもないが、レシーブと速攻そしてサーブで崩すという眞鍋監督の思惑が見事に的中した。
[PR]
by takaitoko | 2010-08-26 09:41 | 女子バレーボール
スポーツ総合 - エキサイトニュース
この試合、リベロは濱口。途中から吉澤を起用するなど、眞鍋監督も選手に競わせる意味もあるのだろうか、選手層の厚みを持たせる采配がうまい。

FIVBワールドグランプリ2010/岡山
http://www.jva.or.jp/world/2010/worldgrandprix/results.html
[PR]
by takaitoko | 2010-08-16 07:57 | 女子バレーボール
スポーツ総合 - エキサイトニュース
ポーランドの高さに苦労したものの、眞鍋監督が目指す「全員リベロ」で、レシーブの技術も向上し、木村のアタック、井上、山口のクロス攻撃が決まった。
[PR]
by takaitoko | 2010-08-15 07:20 | 女子バレーボール
スポーツ総合 - エキサイトニュース
久々に、全日本女子バレーをテレビ観戦。今回も眞鍋監督は「勝つためのバレー」を目指し「ディフェンス強化」をテーマに上げ、サーブ、サーブレシーブ(相手のサーブからのボールを確実にセッターに返す=Aパス)、スパイクレシーブ(全員リベロ)、失点を少なくという課題を上げた。特に、自チームがスパイクを打った時、相手コートに入らなくても、そのリバウンドを利用し、二次、三次攻撃をするという発想は興味深い。まさに試合データから「勝つためのバレーボール」を目指す眞鍋JAPANは、スポーツ全般に通じるものがある。

第一セット スターティングメンバー:山口、井上、木村、江畑、山本、竹下、佐野
[PR]
by takaitoko | 2010-08-14 17:01 | 女子バレーボール
スポーツ総合 - エキサイトニュース
大山加奈に続き、狩野舞子も怪我による離脱。記事によると「回復次第では復帰も」とのことだが、練習が厳しすぎるのか?選手の基礎体力の低下か?
[PR]
by takaitoko | 2010-07-02 03:36 | 女子バレーボール
スポーツ総合 - エキサイトニュース
先日のテレビ放送の時は腰痛に苦しみリハビリに励んでいた様子だったが、腰だけに復帰は難しくなったのだろう。番組では、大山加奈の強烈なスパイクは腰のひねりによるものということだったが、そのスパイクが現役生活を短くしてしまった。これで、メグカナのコンビの活躍は夢になったが、裏方として頑張ってもらいたい。
[PR]
by takaitoko | 2010-06-30 02:49 | 女子バレーボール
高橋みゆき | こころの遺伝子 -あなたがいたから
http://www.nhk.or.jp/idenshi/special/index.html

NHK総合で放送。2000年、全日本のメンバーとして、シドニー五輪出場ならなかった高橋みゆき。その彼女を変えたのは成田(旧姓:大懸)郁久美の「できないことを悔やむのではなく、何ができるのかを考えなさい」という言葉だったという。心の弱さを乗り越え、全日本のエースとなるまでの過程は『なるほどなぁ』と思わせる内容ばかり。番組の最後で、高橋みゆきは今後の復帰を聞かれ「わからない」とのこと。「ひょっとすると、カムバックも?」と予感させる発言だった。
[PR]
by takaitoko | 2010-06-21 22:57 | 女子バレーボール
東レアローズのエース、大山加奈。東レのみならず、全日本代表として五輪で活躍した記憶も新しい。ところが、強烈なサーブを持つ彼女の背骨が部分的に発達し、神経を圧迫する状況に陥り(脊柱管狭窄症)、2008年8月、手術を受けた。2009年、プレミアリーグで復帰するも今年になってまた、腰痛再発。現在は、ボールを持てるまでに回復した。

スポーツ大陸「エースとして再び~バレーボール 大山加奈~」
http://www.nhk.or.jp/spotai/onair/220/index.html




More
[PR]
by takaitoko | 2010-03-15 03:21 | 女子バレーボール
久々のNHK衛星放送観戦。衝撃だったのは、久光製薬スプリングスの狩野舞子。二年前の2008年2月、右足のアキレス腱断裂に続き、今回は、左足アキレス腱断裂。まだ、21歳とだが、両足に爆弾を抱えての試合は、困難が予想される。
[PR]
by takaitoko | 2010-01-24 20:13 | 女子バレーボール
参加8チームによる総当り戦のレギュラーラウンド。上位4チーム総当り戦のセミファイナルラウンド。上位2チームの優勝決定戦、下位2チームの3位決定戦のファイナルラウンドを行う。
--------------------------------
2010年1月10日のNHK衛星放送で「久光製薬スプリングスvsデンソーエアリービーズ」「東レアローズvsパイオニアレッドウィングス」の試合が中継された。全日本メンバーでは、足に怪我を負った栗原恵(パイオニア)が依然、足を気にしつつ出場し、バックアタックを決めていたのが嬉しい。

試合情報 - バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト
http://www.vleague.or.jp/game_info/

[PR]
by takaitoko | 2010-01-11 06:33 | 女子バレーボール