2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

カテゴリ:女子バレーボール( 190 )

スポーツ総合 - エキサイトニュース
いかんせん、テレビ中継がないのでなんともいえないが、ロンドン五輪に向け、最低でも準決勝には残りたかった。ただ、内容的にはロシアに勝利するなど悪くは無い。新規メンバーの加入もあり、安定感があるとは思えない。今回の結果を糧に成長してもらいたい。

2011 FIVBバレーボール世界選手権公式サイト
http://www.tbs.co.jp/volley-wgp/

[PR]
by takaitoko | 2011-08-25 23:55 | 女子バレーボール
スポーツ総合 - エキサイトニュース
身長202cmのガモア相手に日本は苦労するだろうと思ってたら、ロシアの雑な守備に助けられた。日本は荒木のセンター攻撃。レフト、ライトと縦横無尽で、ロシアの高いブロックを機能させなかった。また、ブロックも決まり、ロシアにストレート勝ちとは大いに自信がついたことだろう。
[PR]
by takaitoko | 2011-08-22 00:11 | 女子バレーボール
スポーツ総合 - エキサイトニュース
前日のセルビア戦は見逃したが前回勝っているだけに負けたのは痛い。さて今回の韓国戦。キム・ヨンギョン頼みの韓国に比べ、センターの荒木、ライトの山口、レフトの迫田。そしてスーパーエースの木村とバリエーションが多い日本が有利だった。ただ、第三セットは韓国にセットポイントを握られ、木村のサーブで追い上げ、勝利したのは大きい。

今日(8月21日)は202cmのガモアのロシア。圧倒的な高さを誇るチーム相手にどんな試合運びができるだろうか。
[PR]
by takaitoko | 2011-08-20 03:27 | 女子バレーボール
スポーツ総合 - エキサイトニュース
ブラジル戦の録画を見たが、完敗ではなく、連携ミスがあり、自滅した感もある。韓国戦やドイツ戦は日本らしい攻撃ができていた。新戦力との兼ね合いもあり、100%とはいえないが、このワールドGP期間中に完成形にもっていきたい。

女子バレーボール ワールドグランプリ2011|TBSテレビ
http://www.tbs.co.jp/volley-wgp/

[PR]
by takaitoko | 2011-08-07 23:29 | 女子バレーボール
スポーツ総合 - エキサイトニュース
残念ながらテレビ放送なしのため詳細は不明だが、現在、世界ランク三位の日本もブラジルの壁は依然、厚いということだろうか。

女子バレーボール ワールドグランプリ2011|TBSテレビ
http://www.tbs.co.jp/volley-wgp/

[PR]
by takaitoko | 2011-08-05 23:40 | 女子バレーボール
「ディープピープル」
http://www.nhk.or.jp/deeppeople/

それぞれの時代を担った、竹下佳江、中田久美、眞鍋政義のセッター三人が揃うというので興味深く見させてもらった。同じセッターでも川合俊一に言わせると。竹下はママチャリ、中田はロードレーサー、眞鍋はサイクリングカーという。サイクリングカーという表現が何を指すのか不明だが、竹下のトスは素人でもスパイクできるもの。中田はプロでないと打てない。眞鍋は二人の中間だという。

三人の話のなかで興味深かったのは、トス100回したあとに、腕立て伏せをし、両腕が疲れ果て、力が全然入らない時に上げたトスが理想という。つまり、肩に力の入らないトス。これはバレーボールに限らず、あらゆるスポーツに通じることで、力んでしまっては自分の力を完全に発揮できない。

最後に目標は今年のワールドカップを始め、ロス五輪の目標は三位以内に入ることだと眞鍋は言う。ワールドカップで三位以内に入ると五輪の出場権を得られるとのことだが、より精度の高いバレーが要求されるのは間違いない。バレーボールに限らず、スポーツは常に進化しなければならないようだ。
[PR]
by takaitoko | 2011-05-16 23:49 | 女子バレーボール
竹下佳江、自らの居場所を探して ~BS朝日「勝負の瞬間」
http://www.bs-asahi.co.jp/syobu/

「世界最初にして最強のセッター」が代名詞の竹下佳江の単独インタビュー番組。シドニー五輪予選の試合で負け、メディアに「セッターの身長が低いから負けた」と報道された過去は竹下自身、封印したい過去だという。また、自分を起用した全日本の監督が悪く言われるのも監督に対し、申し訳ないという気持ちも。

More
[PR]
by takaitoko | 2011-02-27 04:15 | 女子バレーボール
スポーツ総合 - エキサイトニュース
前日のブラジル戦。負けはしたが日本のバレーをすればセットを取れる自信が今日のアメリカ戦につながった。かつて、マスコミに「セッターの竹下の身長が低いから日本が負けた」と報道され、くやし涙を流した竹下も、その報道を覆すことができた。しかし、銅メダルを取っても、この力を維持しなければ、本当の強さとはいえない。
[PR]
by takaitoko | 2010-11-14 21:28 | 女子バレーボール
スポーツ総合 - エキサイトニュース
負けはしたものの惜敗。第五セットまで行っては体力的に日本は不利で、第三セットで決めたかった。それにしても第二セットはデュースを繰り返し35-33で粘り勝ち、今まで見てきた試合の中で最高の試合だった。
[PR]
by takaitoko | 2010-11-13 21:44 | 女子バレーボール
スポーツ総合 - エキサイトニュース
第一セットは接戦。第二セットは完敗だったが、第三セットでは日本らしいレシーブで拾った末の勝利。しかし、第四セットでロシアのペースに負けてしまった。
[PR]
by takaitoko | 2010-11-10 21:57 | 女子バレーボール