2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>女子バレーボール・ワールドグランプリ

カザフスタン、ドミニカ共和国は圧勝であったが、世界ランク5位のキューバには接戦フルセットの末、2-3で敗退。世界ランクの壁は厚かったと言えるが、勝てる可能性のある試合だけに残念で、キューバの高さにやられてしまった。

ただ、この三連戦。メンバーの入れ替わりもあるが、着実に力を付けつつあるのは間違いない。攻撃では、栗原、庄司、荒木、高橋がコンスタントで、栗原がまさに「エースアタッカー」に成長したのが全日本にとって大きい。
[PR]
by takaitoko | 2007-08-05 22:00 | 女子バレーボール