2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

忙中閑話>再考・野村謙二郎監督が勝てない理由

(1)ポリシーの無い投手継投
(2)左右病
(3)選手偏重

(1)カープにおける勝利の方程式とは先発投手が完投することが当たり前になってきた。裏返せば、野村謙二郎監督が投手交代を告げると負け路に陥るということになる。ポリシーの無さは勝ちゲームにおける「今村」「ミコライオ」の継投を頑なに守らなかったことに代表される。前年のサファテ問題も同様だが、野手出身だけに投手心理に欠ける面がある。通常ならば、古沢、山内投手コーチが意見すべきだろうが、古沢投手コーチはブルペンに逃げ、山内投手コーチも年下ということもあり、多くは語れず、意見できないのだろう。

また、投手起用における“左右病”も顕著で、先発投手が降板し、次の回の先頭打者が左打ちの場合は、左腕を当てる。これは負けてる展開でもリードしている展開でも同様。勿論、左打ちに左腕は苦手なケースが多いが、100%そうではない。右腕でも左打ちを苦にしない場合もある。この場合、左右に拘るのではなく、調子の良い投手を起用すべきなのである。

(2)野村謙二郎監督の代名詞になった「左右病」。そもそも、相手先発投手が左腕の場合、右打者を並べる根拠が判らない。「右打ちは左腕を得意」とする場合もあるが、そうでない場合もある。投手起用同様、闇雲に左右に拘るのではなく、調子の良い選手を起用するのが正解だ。

(3)選手偏重は外国人野手と堂林に尽きる。外国人野手起用に関しては『球団フロントに獲得してもらった。ありがたい』という野村謙二郎監督の気持ちからなのだろうか?堂林に関しては、去年は“三塁手・堂林を育てる”意味で納得もできる。しかし今季の堂林は結果を出すべきシーズンなのである。結果が出ないにも関わらず、起用し続けるのは野村謙二郎監督の堂林に対する溺愛と呼ばれてもやむ無し。背番号を13から7に変更させた事実からも野村謙二郎監督の偏重が伝わる。
--------------------------------
野村謙二郎監督になり今季で4シーズン目。彼の野球を例えるなら「無手勝流」という表現がピッタリだ。野村謙二郎監督の野球は誰の真似でもない野村謙二郎監督だけの野球。それは誰かに師事したわけでもなく、自らの経験と考えに拠り所を求めている。それは、現役を引退し、野球解説者を経て、いきなり監督になってしまった経緯にも原因があり、簡単に野村謙二郎監督を責めることはできない。むしろ責められるのは、野村謙二郎を監督に任命してしまった側であろう。「名選手、名監督に非ず」というのは有名な例え。

今季、CS入りができない可能性が高いが、その場合は野村謙二郎監督も自ら辞任するだろう。結果が出なければ辞任する。これは野村謙二郎監督にとっての美学の筈だ。
[PR]
by takaitoko | 2013-07-22 22:42 | 広島東洋カープ