2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

忙中閑話>再考・カープを強くするため必要なこと

メソッド(方法)に関し。
(1)新外国人は投手に限定
(2)走攻守の揃った選手をスタメンにする
(3)リリーフ陣の整備

まず大前提として、近年のカープの誤ちは貧打ということで、打てそうな外国人野手を獲得してきた。しかし果たして現実はどうであろうか?打線は水物というが、宝くじに外れてばかり。本来のカープスタイルは打ち勝つ野球ではなく、守りぬく野球であることを再認識すべきである。

(1)投手王国と呼ばれていたのはいつだったか?確かに、現在も投手の頭数は揃っているが、活躍している選手は少ない。そこで、外国人は野手を獲得せず、先発、中継ぎ、クローザーを中心に揃えたい。投手に関して言えば、野手よりも質の高い選手獲得の実績もある。何よりも外国人野手を獲得してしまうと、これから伸びようとする野手の出番が無くなり、無駄にファームに落とすことになる。

(2)かつて強いカープは「走攻守三拍子揃った選手が先発スタメン」だった。近年のような実力に関係なく、利き腕だけでスタメンに名前があがることはなかった。三拍子揃うのは難しいが、最低でも守備力と打力は持ち合わせていたい。

(3)守護神は外国人ではなく、長い目で見て、日本国籍のある選手とすべき。何故なら、外国人は助っ人であり、完全に頼ってしまうと、居なくなった時のダメージが大きい。当然のことながら、クローザーにつなぐ、セットアッパーも外国人は避けたい。
[PR]
by takaitoko | 2013-07-16 21:28 | 広島東洋カープ