2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

忙中閑話>再考・カープはなぜ強くならないか

(1)球団オーナーが優勝に向けて熱意不足
(2)無計画な戦力補強
(3)監督、コーチの選任ミス

(1)松田元(はじめ)オーナーは建て前は「カープ優勝」と語っているが、現況そして過去を見る限り、優勝できなくても、プロ野球ができれば良いという思想しか無いように思う。その癖、現場に対し、意見することがあるが、野球を楽しむ普通のオッチャン的でもある。

(2)ドミニカ・カープアカデミーにしても、野球選手を育てる方針は間違っていないが、理想をいえば、アカデミーで育て、カープに入団させ、一軍起用すべき。ところが、駐米スカウトを置いているがために、メジャー経験者ばかり獲得する。日本のプロ野球向きの選手もいるが、当たり外れが大きいのは周知の通り。

(3)歴代の野村謙二郎、山本浩二は、スター選手から野球解説者を経ての成り上がり。ブラウンは監督経験はあるが、メジャーでの話で、日本向きでは無かった。勿論、落合博満氏の例もあるが、それは「オレ流」というシッカリした信念があったから監督として成功したといえる。野村謙二郎監督にしても、一軍のコーチ、二軍の監督を経験し、野球を采配することを学んでからも遅くはなかった。それでも、未熟なまま監督になってしまったのは、人材不足そして、営業主義に走ってしまったからであろう。




Eテレ「Good Job!会社の星「落合博満に聞く“オレ流・リーダーの心得”」で落合博満氏が出演し、リーダーの心得を紹介していた。そのなかで興味深かったのは、投手の交代を監督が判断するのではなく、投手コーチに委ねるていた。それは、自身が野手出身であり、投手のことはわからないと割り切っていたからだとか。時には継投ミスが発生するが、試合後、落合監督は「継投ミスは私のミス」と語ったそうだ。事前に、コーチを集めて、落合監督の考えを徹底、共有していたということで、一本筋が通った采配といえる。

果たして野村謙二郎監督はどうであろうか?どうみても、投手交代は投手コーチの判断ではなく、野村謙二郎監督が行なっているのは間違いない。そして試合後は「◯◯投手が四球を出して・・・」とか投手の責任にしているが、責任転嫁であり、その投手を起用した野村謙二郎監督に全責任があることを忘れないで欲しい。
[PR]
by takaitoko | 2013-07-10 22:31 | 広島東洋カープ