2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

コイ打線、お手上げ

コイ打線、お手上げ
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cs201307050174.html

二回裏からテレビ観戦。それにしても武内に代打・迎とは、武内の投球はそんなに悪かったのだろうか?ホームランは二本、打たれたものの、連打されたわけでもなく、野村謙二郎監督の不可解采配。とりあえず、五回裏まで観戦したが、今日は負け試合を予感した。

勿論、貧打ということもあるが、早々に武内交代は、チーム内に監督に対する不信感を生じさせたようにも感じた。それは、かつて、守護神だったサファテに何の相談もなく、別の投手を守護神として起用してしまったことにも通じる。野手出身ということもあるが、正直、野村謙二郎監督は投手心理を理解しようとしていないようだ。

どこかのコミッショナーが、阪神と巨人で、開幕戦をアメリカで行う計画を練っていたようだが、結局は頓挫。つまり、野村謙二郎監督もファン目線、選手目線ではなく、常に自己中心目線ゆえ、墓穴を掘り、数々の失敗を行なってきた。しかも同じ失敗が続くのは、野村謙二郎監督の傍に、話し相手は居るが、相談相手が居ないからに違いない。

野村謙二郎監督の選手時代はアグレッシブで、走攻守揃った名選手だった。解説者となっても、素人にも分かりやすい話で好感が持てた。ただ、いきなり監督になった時点で、大きな選択ミスを犯してしまった。選手時代、スターだったとしても、まずコーチ、ファームの監督なりを経験しておくべきだった。

カープを本当に強くできるのは、オーナーのお気に入りではなく、オーナーから最も遠い人材であるに違いない。
[PR]
by takaitoko | 2013-07-05 22:15 | 広島東洋カープ