2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

消えた白星、救援陣誤算

消えた白星、救援陣誤算
http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cs201306250160.html

本当に「引き立て役」が似合う。苦手な投手は徹底的に打てず、苦手チームには逆転負け。これは、たまたまではなく、必ず、原因がある。例えば、8回表の今村にしても、この日、たまたま打たれたのではなく、以前から不安要素はあった。その不安要素の原因を突き止め、なぜ修正しなかったか?

野球解説者の佐々岡氏によると「今村にフォームについて聞くと、迷っていると答えた」とのこと。迷っているなら何故、投手コーチなりが相談に乗らなかったのだろう?そもそも、古澤投手コーチも山内投手コーチも機能しているかというと、大いに疑問。コーチが変われば選手も変わってしまうのは必然で、責任を問われても仕方がない。

二度の重盗。河内の場面は河内を始め、バッテリーに二塁走者を牽制する余裕が無かった。河内のような中堅でも、状況を把握できず、ただ打者との対戦に必死。ミコライオにしても、クイックができないため、簡単に走られた。河内に関しては油断だが、ミコライオに関しては、クイックの練習をしいていたのだろうか?映像では、簡単にセンター前に打たれていたが、その打球をミコライオ、グラブを差し出す仕草もしていなかった。

とまれ、勝てない理由は明確にある。打撃にしても、投球、守備にしても、カープは明らかに上位チームよりもスキル不足。若さ故に経験不足もあるが、左右病による出場機会の少なさや、ミコライオにしても、日本の野球向きの外国人に育てていない。すべて、選手が持っているスキルに依存し、勝つため、常勝球団に成長するための努力をしていない。やはり、チームを変えるには、コーチ陣を全部を一新するくらいの血の入替えが必要だ。




[PR]
by takaitoko | 2013-06-25 21:31 | 広島東洋カープ