2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広0-3ヤ

交流戦も終わり、シーズン再開。昨日、雨で流れた試合だったが、大竹がスライド登板。バレンティンに低めのツーシームを3ランされたが、大竹、石原バッテリーが欲を出した結果といえる。また、今季は、飛ぶボールということが判明したにも関わらず、カープバッテリーに危機感が感じられなかった。

それにしても今日も、ヤクルト・小川投手の引き立て役。正直、小川の出来が良かったとは言えず、カープ打線が絞り球を決めかね、打たされていた。エルドレッドにしても、ボールコースを振らされ、確実性が全くなく、仮の四番。

解説の達川氏が言っていたように「栗原を一軍に上げる」べきだろう。首脳陣は、ファームで結果を出してと考えているのか腰が重い。実際に栗原も調子が安定しないようだが、ファームに飼い慣らされてはいけない。カープの四番という自覚を失わないうちに一軍へ上げるべきだ。

あと懸案のサード・堂林。若手の起用は良いが、相手との相性や調子を見て、安部などと競争させるべきであり、他の選手の意欲も削がれてしまう。『監督、堂林を依怙贔屓している』とファンが感じるように選手の気持ちにもあるに違いない。そもそも、本格的にサードを守る選手が一軍に居ないことも問題。
[PR]
by takaitoko | 2013-06-22 23:14 | 広島東洋カープ