2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

忙中閑話>貧打の原因は猫の目打線にあり

カープ永遠のテーマは「貧打」。今季は新井打撃コーチ就任の影響もあり、去年よりは調子は悪くない。それでも、ここぞという時にタイムリーが出ないのは何故だろう?思うに、その要因の一つに、野村謙二郎監督の猫の目打線。巷では、左右病とも称される、相手チームの先発が左投手ならば、ずらりと右打者を並べ、右投手ならば左打者を並べる打線。果たして、その効果があるかといえば、どうみても効果は薄く、野村謙二郎監督の自己満足で終わってしまっているのが実状だ。

先発スタメンの基本は「調子の良い選手を起用する」こと。これは野球に限らず、あらゆる団体競技において当然のことだろう。例えば、今季、頭角を現してきた中東。相手が右投手だとスタメンに起用するが、日本ハムの吉川、ソフトバンクの大隣と左投手だと全く起用されない。これは明らかに『中東は左投手に弱い』という認識が野村謙二郎監督の考えにあるのだろう。確かに今季、左投手には6打数1安打1四球と単純に考えると相性は良くないが、果たしてそうだろうか?ヒットは期待できなくても、四球を選ぶなど、出塁は期待できないのだろうか?





野村謙二郎監督の最大の欠点は、左右にこだわり過ぎ、調子の良い選手を起用する機会を逃しているのではないだろうか?いわゆる、調子の良い選手の見極め。調子の良し悪しは、打撃コーチに委ねる部分が多いが、最終的に打順を考えるのは野村謙二郎監督。選手の調子にも波はあるだろう。

その波を的確に捕らえ、スタメンに起用するのが本来の打線といえる。野村謙二郎監督は左右に拘るあまり、調子の悪い選手をスタメンで起用してしまう。それでは調子の良かった選手を使おうと思うと、すでに、その選手の調子は下降気味。

本来、レギュラーで使いたい梵も膝に爆弾を抱えている分、常時、起用できない歯がゆさもある。しかし、最低でも、1番、2番、3番、4番、5番は固定化したい。菊池、中東、丸、廣瀬、ニックで固定すべきではないだろうか。調子に応じて、三塁手は可変というように、相手投手の右、左に影響されない打順が大切であり、まさに元・古葉監督の「耐えて勝つ」ことが重要になってくる。

将棋は、勝負を始める前の陣形が、もっとも堅固とされる。駒を動かすことによって、負け路に向かっていく。野村謙二郎監督の猫の目打線は、まさに、負け路に続くものであり、監督の『何も考えたくない』という怠惰とも受け取れる。監督就任し、三年そして四年目に入っても「打線を考えないといけない」と平気で語っているが、考えなければなれないのは、野村謙二郎監督自身の意識、心を変えること。

現状では何も変わらないし、変えることはできない。まず変えなければならないのは、己の心。本当の打順は何処にあるのか。今までの拘りを捨て、新しく生まれ変わる時、カープは強くなるだろう。
[PR]
by takaitoko | 2013-05-31 22:12 | 広島東洋カープ