2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

忙中閑話>負の連鎖

エルドレッド、前田健そして前半戦の復帰は無理とされる前田智の骨折。そして最近の負け方を見るにつけ「負のトライアングル」を感じる。2013年という年が明け、術後の栗原を始め、万全の態勢ではないものの、それなりにシーズンは始まった。しかし相次ぐ、怪我人。それにリンクして、チーム自体も借金生活。

選手離脱 ー> 代わりの選手不在 ー> 順位低下

これがまさにカープの負の連鎖であり「不十分な選手補強」「血の入れ替えが無い」ことが最大の原因であることは当ブログでも散々、指摘してきた。しかし、ここ10年、全く変化は無く、選手寿命が終えたら、コーチとして、球団職員として、成り立っている。勿論、選手からコーチ、球団職員のコースを否定はしないが、いつも同じ面子、いつも同じ雰囲気で球団が変わるだろうか?





プロ野球の球団とは、人々に夢と希望と感動を与えるものだと思う。当然、オーナー、フロント、監督、コーチ、スタッフ、選手も「夢と希望と感動を与えることを忘れてはいけない」。松田元(はじめ)オーナーもカープだけではなく、プロ野球全体のことを考えているようだが、それはあくまでオーナーの気持ちだけの話で、自己満足で終わっていないだろうか?

それにしても現場を預かる監督やコーチ達。オーナーに「積極的な選手補強を!」と呼びかけていないのだろうか疑問に思う。心底、勝ちたいと思うならば何らかのアクションがある筈。しかし、そのような反抗心を持つ監督やコーチの話を聞かないのは、監督コーチの保身。将来の自分の待遇を安定させようという気持ちが有るからではないだろうか?

今一度「本当のプロ野球とは?」という質問の答を探し、その答をためには何をすべきか。プロ野球に関わる人々の本当の願い。心からの願いを真剣に見つめる時期なのかもしれない。
[PR]
by takaitoko | 2013-04-25 21:48 | 広島東洋カープ