2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

グラチャン>日本は1勝4敗で5位


最終日、アメリカとの対戦。1セット目は、リードするもののデュースの末、逆転負け。2セット、3セットとアメリカの高さと速攻のハニーフ、メカトフに完敗。結果、ブラジルが初Vとなり、以下、アメリカ、中国、ポーランド、日本、韓国という順位となった。櫻井由香が、ベストリベロ賞受賞。
--------------------------------
1セット:26-28 2セット:23-25 3セット:16-25
--------------------------------

TV中継のゲストが、元全日本監督の松平康隆氏だったのだが「大きい選手は、菅山のような選手にならないと強くならない」と語っていたのが、まさに的を得たものであろう。確かに、今大会で、目立ったのは、リベロの櫻井や小柄な菅山や竹下のレシーブであった。大きい選手もアタッカーも、随所で決まってはいたが、ネット際の攻防やレシーブの雑さが目立ち「全員・菅山かおる」という松平氏の言葉は重みがある。あと「木村沙織を将来のセッターに」という発言もあり、実現すれば、スパイクもできる恐るべしな選手になるに違いない。

 

[PR]
by takaitoko | 2005-11-20 20:44 | 女子バレーボール