2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

ポジションの意味

ミドルブロッカー

・従来のセンター。前衛で、3人の真ん中に位置し、ブロックの中核を担う選手。AクイックやBクイックなど、速攻が中心。女子ではブロード攻撃をする選手も多い。攻撃が速攻主体で、相手コートからボールが返ってくるとすぐに助走の体制に入る為、守備の機会はそれほど多くはない。多くの場合、後衛ではリベロと交代する。高さとスピード、テクニックを求められるポジション。

ウィングスパイカー

・従来のレフトやライト。レフトやライトなど、主にサイドからの攻撃を担う選手。チーム事情によるが、近代バレーにおいては前衛では平行トスを打つ場合が多い。また、リベロとともにサーブレシーブの中心となるのも一つの特徴。パワーよりもどちらかというとテクニック、何より攻撃と守備のバランスが求められるポジション。

リベロ

・1996年アトランタ五輪の後に新しくできた守備専門のポジション。後衛の選手と自由に何回でも交代できる代わりにアタックやブロックはいっさい禁止。

セッタ-

・味方プレイヤーにアタックさせるためにボールをトスする。

[PR]
by takaitoko | 2005-11-19 23:00 | 女子バレーボール