2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>阪神×3-1広島

阪神が今季5度目のサヨナラ勝ち。1点を追う五回に代打金本の適時打で追い付き、1―1の延長十一回2死一塁から新井良が決勝の10号2ランを放った。榎田が3勝目。広島は今村が2イニング目に制球を乱し、...
延長11回表、広島に勝ちが無くなった時点で11回裏の阪神は長打で逆転を予想した。それは阪神の選手の気持ちに『負けがないことと引き分けでも良し』という安心感が生まれると直感したからである。今村も二死まで、丁寧に外角を中心にコーナーをついたが、新井良太の初球は外角の真ん中の絶好球。風向の要因もあったが、完全な不用意な一球に泣いた。

それにしても阪神三連戦の得点は二点のみ。先日のヤクルト戦で10得点し、翌日は一得点で負け、翌々日は二得点で引き分けたが、今にして思えばヤクルトの10得点が個々の選手の大振りを誘い、スーパー貧打に陥ったといえる。今後は長打は考えず、盗塁、エンドランなど足を使い、繋げる野球、一点に拘る野球をすべきであり、打順からエルドレッドを外し、機動力を活かすこと。それがCSに生き残る唯一の方法である。
[PR]
by takaitoko | 2012-09-02 22:43 | 広島東洋カープ