2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島3-0DeNA

広島が完勝で連敗を4で止めた。3投手で無失点リレーし、7回5安打の野村が9勝目。打線は一回にエルドレッドの適時打で先制。四回に石原の2点二塁打で加点した。DeNAの藤井は6回3失点で6月5日以来...
先発の野村祐輔、ピンチらしいピンチは六回表の二死1・2塁。五番の金城への投球はフルカウントから石原のサインに合計六度首を振り、最後は真ん中低めに落ちるチェンジアップ。これは直前の外郭低めのボール気味のコースをレフト線に良い当たりのファウルを打たれたからだろうか、まさにボールコースを振らせる熟練の技。

打線もスミイチで終わらず、石原の効果的な中押し点が利いたが、一番・赤松を始め、五番・堂林が機能しない。特に、一番の赤松は打席での粘りがなく、淡白な打撃に見え、調子は下降気味。堂林も内角の厳しいコースを攻められ、元気が無い。

そんな中、サード堂林に代え、木村昇吾は野村謙二郎監督の名采配。残り試合も40を切り、投手力は元より、守備力が重要になってくる。ウィークポイントは補強することは必要不可欠となるだろう。
[PR]
by takaitoko | 2012-08-22 21:24 | 広島東洋カープ