2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島2-6DeNA

安打は、天谷、梵、岩本、堂林、迎の五人のみ。一点差に迫る五番・堂林のホームランは価値があったが、実際のところ打線は下降気味。「打線は水物」というが一時の勢いは無くなってきた。

反面、失策が目立つ。この試合だけではないが、先日の二塁手・小窪、天谷の無駄なダイビング。梵の失策11。野球はいうまでもなく「投手力を中心とした守備重視」が基本。打撃好調の時は、打撃でカバーできたが、それは脆弱な勝利であり、本当の勝ち方ではない。今一度、原点に戻り、手堅い守りの野球をおろそかにしてはいけない。

先発のバリントン。投球時、右腕が下がり、スリークォーター気味。オーバースローのストレートも腕が下がるとストレートがシュートになり、右打者の外角を狙ってもストライクゾーンに入ってくる。また、初球からストライクを取る強気の投球も去年は通用したが二年目は同じようにいかない。長距離打者の初球は変化球で入るなどの工夫が必要。




二番手のサファテの投入。そもそも、サファテは一軍に上げるレベルだったのか?野村謙二郎監督が直々に試合を見たとのことだが、大野投手コーチなら兎も角、果たしてサファテの出来を見る目があったのか疑問が残る。サファテが降板後、右腕の肘部分を押さえていたが、まだ違和感があるのだろう。中途半端なリリーフで起用するよりも守護神として使えるレベルまで一軍に上げないことも必要。

攻撃で気になったのは五回裏、二死、一、二塁で梵と天谷に重盗をさせたこと。試合後、野村謙二郎監督は「重盗で走者を進めたが」と語ったが、二死という局面そして四番が打席という状況で、リスクを犯す必要があったのだろうか?走者がタッチアウトになる可能性もあり、ましてや岩本に自由に打たせるという環境を与えなかったのは、最大の采配ミスである。野球には「動いてよい場面」と「動かないでよい場面」があることを野村謙二郎監督も知るべきである。
[PR]
by takaitoko | 2012-06-30 18:59 | 広島東洋カープ