2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島0-4巨人

終わってみれば巨人・内海に完封負け。右打者内角低めのストレート。タイミングを外すカーブ。低めに変化するチェンジアップと手玉に取られ、打たされた。中には甘いコースがあったが、走者が出ても後続を断ち切り・・・というよりもカープ打線の拙い攻めが助けた。

久々の先発の今井も四球で崩れることもなく、悪くなかったが、初回、小窪のエラーが最後まで尾を引いた。野手も緊張感で登板した今井の心情を察すれば、大事にいくべきであり、続く、天谷のダイビングキャッチを試みたのも状況判断できない最悪のプレーとなった。

攻撃では三回裏。石原が二塁打で出塁するも今井は内海の前にバント。走者二塁の場合、三塁手に取らせるのがセオリーだが、投手しかも左投げということで三塁へ軽々投げさせてしまった。リスクを考えれば、右投げきである一塁手の亀井のバントもありえた。昨日もバント失敗で得点のチャンスを失ったが、この試合もバント失敗が最大の敗因であり、失策も含め、ミスの目立つ試合だった。

四番・岩本は好調なようだが、天谷はノーヒット。打線全体をみても一時の勢いはなく、下降気味。改めて、投手力を中心とした守りの野球という基本に立ち返るべきである。
[PR]
by takaitoko | 2012-06-28 21:35 | 広島東洋カープ