2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>中日5-4広島

先発のバリントン。球速そして変化球のキレともに悪くは無いが、ブランコを始め、強打者の初球の入り方に疑問が残った。勿論、ホームランを打った打者の思い切りの良さ、スキルの高さがあるのだが、最低限でもストライクではなく、ボール気味のコースから入るべきであった。

これは、ある意味、マツダスタジアムのような広い球場に慣れてしまっている弊害のようにも感じた。石原のリードも両翼の狭さ(91.5m)や風向き、風の強さを考え、打者の外角一辺倒の傾向。対して、中日・谷繁は、惜しげもなく、打者の内角の厳しいコースを攻め、フルスイングできないようなリードが目立った。初球からストライクを取るバリントンの制球の悪さもあったが、石原のリードにも問題があり、今日の負けはバッテリーが最大の敗因。

それにしても四回表、梵から打者一巡の攻撃で四得点は近年稀に見る繋ぎの野球。中日・山内も自軍が四点先取という油断があったのだろうか?積極的なカープ打線の攻撃が見事にはまった。しかし、八回表の岩本が出塁し、赤松の強攻策(結果は併殺)は明らかに采配ミス。序盤なら兎も角、リリーフ陣の良い中日相手意には絶対、送りバントだった。次打者の丸にヒットが出たが、一死二塁の場面ならば代打・前田智も使えた。結局、代打・前田智を使えずの敗戦はシコリが残る試合となった。
[PR]
by takaitoko | 2012-06-24 21:27 | 広島東洋カープ