2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

忙中閑話>栗原、ニックを欠いた効果

交流戦明けの一戦は3-1と中日に辛勝。先発の前田健が最少失点に抑え、以降、梅津、菊地原、今村の継投。打線も好調、堂林をはじめ、四番・岩本の粘りの打撃が光った。

ところで、栗原を欠き、ニックも欠いた打線。野村謙二郎監督の采配が少し変化してきた。それは無死一塁でも即座に送りバントをするケースが減ったのだ。これは何を意味するのだろうと考えた時、ニックが存在していた時点では、一番が出塁、二番で送り、三番、四番で得点という采配だった。ところが、ニックのような大砲はいない。ならば、送りバントよりも盗塁やエンドランを絡め、足を使う采配に転換できた・・・というよりも否応無しに、そうせざるを得ない状況になってきた。








所謂、大砲が抜けたことにより、一発を期待するのではなく、つなぐ野球へと変化してきたのだ。勿論、天谷の復調、岩本の安定感。堂林の成長と打線が上昇しつつあるのは間違いないが、栗原、ニックが抜けたことにより、カープ本来の野球ができるようになった。

球団は、ブラッド・エルドレッドを獲得したが、正直、未知数。最初は二軍で様子を見るとのことだが、それは納得できる。一軍登録の外国人枠の関係で、バリントン、ミコライオ、サファテ、バーデン、エルドレッドを同時に起用することはできない。理想をいえば、ミコライオとサファテは調子の良い方を使い、バーデンとエルドレッドは常時、一軍に置いておきたい。
[PR]
by takaitoko | 2012-06-23 21:36 | 広島東洋カープ