2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島5-2オリックス

久々の快勝と言いたいところだが、疲れの見え始めた寺原と以降のオリックス投手の不出来が勝利の要因。六回裏まで立ち上がりの悪かった寺原を相手に三安打と打ちあぐねた。特に、廣瀬に代表するようにチャンスに打てない。解説者が「甘いボールを待つのではなく、すべて甘いボールよ来い」と何でも振っている。確かに、打とうという気持ちは大事だが、高めのクソボールや低めの変化球を振ってはヒットは生まれない。これは選手の調子もあるだろうが、コーチなりが個々の選手の状態を吟味し、的確な指示が出来ていないのだろう。基本に立ち返り、センター返しのグラウンダーを心がけたい。

先発のバリントンは制球が悪かったが、どんどんストライクを取りに行くスタイルよりも荒れ気味な方がバリントンの投球を活かせるかもしれない。二番手の今村も八回表、最大のピンチを迎えたが、強気の投球で併殺。これも良い経験で次回につなげたい。

この試合、セカンド東出がゴロ捕球時に右手の中指を骨折。捕球の基本はグラブを先に出し、右手は添えるだけなのだが、イレギュラーとはいえ、プロとしては恥ずかしいプレー。
[PR]
by takaitoko | 2012-06-10 21:32 | 広島東洋カープ