2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島5-3西武

今日の野村祐輔は調子の良い時に比べ、悪い方だった。これは、ある意味、プロ野球の洗礼、疲れであるのかもしれない。六回表まで無失点に抑えていたが、七回表に中村のホームラン。そして疲れの見え始めた八回表につかまってしまった。途中、投手交代も予想したが、試合後の野村謙二郎監督は「八回は野村に任せるつもりだった」とコメントした。投手にとって完投こそ逃しても、イニングは責任を取りたいもの。野村謙二郎監督の選択は正しかったといえる。

ただ、野村祐輔の好投も赤松、小窪そして巧さのニックのバッティングも不調の西武相手だからこそ、だと感じる。同じような攻撃が最下位チームでなく、上位チームにできれば本物の強さであろう。しかし、打線は上向きのようでもある。東出の右肩が上がる悪い癖など問題点はあるが、どん底を過ぎたのではないだろうか。

サファテ不在の今、今村-ミコライオの継投を中心に、経験のある横山や永川勝の一軍復帰が待たれる。野球はチームプレーであり、個人事業主の寄せ集めではけっして強くならない。
[PR]
by takaitoko | 2012-05-31 21:40 | 広島東洋カープ