2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島3-7ロッテ

先発のバリントン、五回表の突然の乱調。それは先にロッテに一点を与えてしまったという重圧だったに違いない。過去、バリントン自身、好投するも得点能力の低いカープ打線を嫌というほど知ってしまった。しかし、二死から投手の香月(カツキ)にヒットを打たれたのは痛い。投手であっても第一打席のフルスイングを覚えていれば際どいコースか、変化球で打ち取った筈。これはバリントンよりも石原のサインミスだった。

それにしてもバリントンはガラスのハートなのだと思う。全米ドラフト一位も、勝ちに恵まれなかったのは味方のエラーや自身の制球の悪さが原因ではなかったか?

ただ、この試合で目立ったのは石原がバリントンに右打者の内角に要求していたこと。以前は、外角一辺倒のイメージがあったが、打者の内角に投げさせるリードは石原の成長の現われだろうし、何かを変え、現状を打破したい発露なのかもしれない。
[PR]
by takaitoko | 2012-05-28 21:45 | 広島東洋カープ