2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島4-4ロッテ

二回裏の三得点は見れなかったが、全体的に野村謙二郎監督にしては積極的な采配が目立った。特筆すべきは大竹の投球。井口のホームランはあったものの、緩急を交え、勝負ところでは球速150キロと最高のできだった。ところが誤算はまたしてもサファテ。日本ハムの一戦以来、制球の悪さが目立ち九回表、一死だけで降板。後続は今村が締めたが、負けなかっただけ幸いの試合だった。

それにしてもサファテの不調は何故だろうと思う。投手コーチはマウンドに上げてみないと判らない守護神に期待しているだけなのだろうか?ある意味、過去の永川勝の起用方法にも通じるものがあるが、不調が続いても最後を任せるしか能が無いベンチも如何なものか?

後付けにはなるが、この試合、八回表は今村で、九回表のサファテは無いと思っていた。それでもサファテを登板させたのはベンチが『三点差なら抑えられる』と感じたからではないだろうか?それが、このような、体たらくはブルペンでは調子が良かったが・・・の話で終わってしまうのだろうか?

とまれ、サファテは守護神から外し、ミコライオと今村を中心に勝利の方程式を組み替えるしかない。
[PR]
by takaitoko | 2012-05-27 22:31 | 広島東洋カープ