2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島1-0日本ハム

先発の野村祐輔と斎藤佑樹の投げ合い。と聞えは良いが、貧打のカープ打線と斎藤佑樹。抜群の制球力の野村祐輔と日本ハム打線という内容だった。

辛うじて梵のソロホームランが出たが、相変わらずの拙い攻め。初回、梵がヒットで出塁すると続く小窪が結果、投手ゴロで併殺。五回裏も堂林ヒットも松山が投手ゴロで併殺。初回はお決まりの送りバントかと思ったが、小窪のバント失敗でヒッティングに切り替えたのだろうか?小窪のスキル不足もあるが、徹底した采配とはいえず、まさに不可解采配。五回裏は、松山の中途半端な当てるだけの打撃。走者を置くと『ヒットを打たなければ』という気持ちが強くなるのだろうか?

ところで六回裏、二死満塁で打席は松山。ここは間違いなく、代打・前田智だった。七回裏、二死一塁よりも効果的な代打で、野村謙二郎監督の代打・前田智の使い方が遅い。先日、早めに前田智を使い過ぎたことの反省だろうか?ここぞという選手起用に一貫性がなく、思い切りも悪い。

打線の不調は選手のスキルだけではなく、送りバントを始め、勝負勘の悪い野村謙二郎監督の采配が最大の原因ということに野村謙二郎監督自身が気づいていない。
[PR]
by takaitoko | 2012-05-19 18:59 | 広島東洋カープ