2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島0-3中日

終わってみれば「野村祐輔見ごろし」「貧打」「無策」ばかり脳裏を過ぎる試合。試合開始前のスタメンでさえ「三番・センター天谷」の時点で不可解さを感じた。調子の良い選手ではなく、どうみても『とりあえず、任せてみよう』という首脳陣の軽薄さだけが目立つ。

先発の野村祐輔もブランコに二発を浴びたが、先発投手の仕事は出来た。それをカバーできる打撃ができない。そもそも、中日・先発の岩田対策はあったのか?甘いコースは見逃し、中日バッテリーのコーナーワークに完全にやられた。得点圏で、今、もっとも期待できるのが堂林しかいないと思うのは気のせいだろうか?

また、一軍に上げた迎にしても、相手が岩瀬ということもあるが、ストレートは振り遅れ、変化球にタイミングが合わない。カープ球団のファームから一軍への意味は調子が良いからではなく、人材が足りないからでしかない。

最後、2イニングを投げた今村にしても、無表情がゆえに何も考えていないと思ってしまう。手投げではなく、下半身を使った投球ができないと成長しないだろうし、それを許してしまっているコーチ、監督の目は何処に付いているのか?
[PR]
by takaitoko | 2012-05-12 17:48 | 広島東洋カープ