2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島1-0中日

この試合はまさに「大竹と堂林」で作った試合。特に大竹はピンチの場面、カウントが悪くなっても四球で逃げず、シュートで強気の攻め。そして、随所に見せたスローカーブと緩急抜群。打っては強気の堂林の勝負強さは半減しない。特に堂林は先日の自らのファウルボールを捕球できなかったことにもめげず、プレーする姿は清清しい。結果ばかり気にする他の先輩打者の良い鏡。

ところで、この試合。野村謙二郎監督の不可解采配は見られなかった。逆に、サウスポーの中日・小林正登板で、東出、天谷に代打を出さなかったことに驚かされた。これは選手を信頼してのことなのか、単に忘れただけなのか定かではないが。

とまれ、四番・ニック固定できたものの、問題は三番。この日も天谷だったが、早々にニックの前を打つ打者を固定したい。

追記:NHK野球解説の与田氏「カーブの握りが浅いとシュートする」発言。普通、カーブというと右打者から見て、外角に逃げる球種だが、握りの違いでシュートとは新発見。ある意味、新しい変化球なのかも。
[PR]
by takaitoko | 2012-05-11 21:14 | 広島東洋カープ