2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

広島2-6阪神

テレビ観戦ではなくラジオ観戦。先発の齊藤悠葵は二年ぶりの一軍ということで正直、期待はしていなかったが、61/3は上出来。特にカーブを有効に使っていた。反面、相変わらずの貧打。スタンリッジの前にニックのホームランと倉のヒットのみ。

噂では相手投手の対応は個々の選手に任せられているという。仮に真実としたらお粗末としか、言いようがない。先日のヤクルトのようにチーム一丸となり、前田健や野村祐を攻めた攻撃は効果的であり、チーム内でバラバラの意識では統一性がなく、打てなくて当然だろう。

それにもまして連夜の継投ミス。確かに、七回表。齊藤悠葵を引っ張ったのは仕方無いとして、二番手の岸本を引っ張り過ぎた感がある。例えば、代打・檜山に代打の代打は考えにくく、前日、打たれはしたが、江草に交代が正解だった。例え、江草で失点したとしても岸本続投よりも積極的な継投だといえる。

それにしても不可解なのは九回表のサファテ登板。単に登板が少ないので調整登板かもしれないが、果たして、この試合で登板させる必要があったのか?点差も1-5と負けている時点で、肩を作り、登板させるのは、またしてもサファテの自尊心を傷つけたに違いない。

最近のインタビューで野村謙二郎監督は「流れが悪い」と語ることが多くなったが、実は試合の流れを悪くしているのは誰でもない野村謙二郎監督自身だということに気づいていない。

【送料無料】「アホ」がプロ野球を滅ぼす

【送料無料】「アホ」がプロ野球を滅ぼす
価格:950円(税込、送料別)




[PR]
by takaitoko | 2012-05-09 21:17 | 広島東洋カープ