2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島6-8阪神

ニックの三打席連続ホームランはチームに勝利を呼ぶ筈の内容だった。特に、レフトスタンドインするもファウル判定のあとのホームランは初めて見た気がする。ただ終わってみれば逆転負け。バリントン、江草、そしてミコライオの被本塁打と投手陣の悪さが目立つ。

しかし、この試合のポイントはニックの前に走者が出たのは一度だったという事実。特に、五回裏、梵がヒットで出塁するも東出の打席で何の動きもなく、梵は盗塁死、東出は空振り三振。通常なら野村謙二郎監督は送りバントの筈だが、それもなく、不可解さを感じた。また、四回裏の一死満塁で白濱の打席。打撃の不調な白濱にはスクイズがセオリーだが、ここはヒッティングで空振り三振。更に、七回裏、二死満塁で左の筒井に対し、代打・會澤。だが、ここは左と左にはなるが、代打は前田智が正解だった。

華やかなホームランの陰に隠れてしまったが、確実に得点圏に走者を進める。取れる時に一点を取る。これが出来なかったのは野村謙二郎監督の采配ミスであり、素人目にも調子の悪かったバリントンを引っ張りすぎたのが敗因といえる。
[PR]
by takaitoko | 2012-05-08 21:13 | 広島東洋カープ