2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>巨人0-3広島

先発のバリントンは低めに制球され、変化球もツーシーム、スライダー、チェンジアップが効果的に決まった。特に良かったのはスローカーブのような遅い球種。バリントンも単調な投球内容から緩急を使えるようになったのが大きい。二番手のミコライオは先日の負け投手の影響を心配したが、ほぼ完璧。抑えのサファテはボールが高めに浮いたが、変化球でストライクが取れるようになったのが大きい。

打線では堂林、白濱のタイムリー。梵の一発が出たが、依然、貧打は解消していない。梵、東出は復調の兆しがあるが、松山、ニックの三番、四番がダメ。栗原が抜けた今、補強する気があるなら、三番を任せられる巧打者だろう。とまれ、ボールが高めに浮き過ぎたホールトンを打てたのは希望が持てる。

気になったのはニックの扱い。七回裏、四球で出塁するもそのまま。二死とはいえ、中東なりの代走をなぜ送らなかったか不可解。八回裏、ようやくニックを下げたと思ったら、センターの天谷をレフトに回し、センター丸。穿った見方をすれば丸のセンター守備に好感があり、天谷には一軍の雰囲気に慣れさせる意味もあったのかもしれない。しかし、先行逃げ切りという意志を持たなければ勝ち目はない。

ところで試合中の野村謙二郎監督。感情を表に出さず、鉄仮面。鉄仮面というよりも覇気の無さを感じた。理想とする前の中日・落合監督を意識したか。そうえいば、RCCラジオリスナーの言葉で「投手力を中心とした戦い方は落合監督と同じ。違うのは監督だけ」というのがあったが、ある意味、名言。




[PR]
by takaitoko | 2012-05-02 21:34 | 広島東洋カープ