2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>阪神×1-0広島

結果は11回裏、平野のサヨナラヒットで試合終了。バリントン、ミコライオ、サファテと繋いだが、2イニング目のサファテは明らかに球速が落ちていた。更に、一塁手・岩本のエラーと負けの要素たっぷり。しかし平野の打球がセンターに抜けて、廣瀬の打球が抜けないとは野球とは本当にシビアなゲームだと痛感。

それにしても、阪神・安藤はフォークボール中心の配球。カープ打線はことごとく、低めのフォークを空振りしていたが、果たして、試合前のミーティングや試合中の円陣は何を話したのだろうか?素人目にも視線を高くし、ベルトより下のコースの見極めが出来ていれば安藤も苦しんだに違いない。特にチャンスで、完全なボールを空振りと選球眼の無さを見た。先日、巨人の長野が同じようなボールを空振りしていたが、貧打の要因は広島と巨人、通じるものがあるのだろう。

とまれ、打撃コーチの指導力不足。選手のスキル不足。統一球の不慣れ・・・と課題はまったく解消されていない。ただ漠然と試合をしているだけ。望みは東出の打撃の復調だけだった。




[PR]
by takaitoko | 2012-04-26 21:42 | 広島東洋カープ