2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>阪神0-1広島(堂林プロ入り初本塁打)

今日は先発の前田健がすべて。ただ八回裏で降板は前回に続き二度目。今回も前田健、本人の意志だろうか?試合の流れを考えると完投すべきでなかったか。ただ、内容は完璧。特に七回裏、無死二塁のピンチで、ブラゼルに高めの吊り球。金本に外角にチェンジアップ。そして大和には打ち気をそらす、スライダーと見ごたえのあるイニングだった。

それにしても八回表の堂林のプロ入り初ホームランは、七回裏の前田健のピッチングが呼んだともいえる。メッセンジャーも油断したわけではないだろうが、スライダーが甘めに入った。勿論、甘いコースを見逃さなかった堂林も立派だが、この積極性を栗原を始め、各打者に欲しいところ。

ただ六番に降格した栗原は深刻。低めの完全なボールコースのフォークを空振り。二打席目、センターフライになったが、スイングも鈍い。栗原に限らず、鳥谷や平野にセンターに抜ける打球を捕球されたのは打球の速さが出ていない。いわば、統一球の芯をとらえていないのだろう。




[PR]
by takaitoko | 2012-04-24 21:50 | 広島東洋カープ