2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島2-3中日

野球解説の小早川氏「この三連戦、カープは同じようなタイプの投手にやられている。チーム内で統一した意識(打席の位置や絞り球)が必要」と指摘。また現役時代、山本昌投手と対戦する際、当時の水谷打撃コーチに「打席の立つ位置や狙う球種を指示された」とも。これがまさにチーム一丸なのだろう。今年に限らず、同じように負けてしまうのは打撃コーチの指示不足と選手のスキル不足なのかもしれない。

それにしても、この中日三連戦。広島との質の違いを感じた。今日にしても、マウンドにはサファテ。外野手はバックホームに備え、前進守備。しかしサファテは大島に甘いコースを投げ、レフト・ニックの頭上を打球が超え二塁打。また先頭の代打・野本はファウルで粘り四球。ガッツポーズの野本に、一打席も無駄にできない危機感を感じる。野本の代わりはいくらでもいる中日の現状と、代わりが少ない広島打者との違いなのだろう。

先発の野村は制球が悪かったが、悪いなりに中日相手に二失点。しかも負け投手がつかなかったのは野球の神様のおかげだろう。野球に対する気持ちの差が、結果に現れているようだ。

とまれ、チャンスに打てない打線特に栗原は深刻。対して、甘いコースはフルスイングする中日打線。実はバッティングは難しいものではなく、自分の絶好球はフルスイングすることなのかもしれない。状況をあれこれ考えない シンプルな発想 がカープ打線には必要だ。




[PR]
by takaitoko | 2012-04-22 17:18 | 広島東洋カープ