2005~2013の記録


by たかいとこすきな よだえもん

観戦記>広島1-6中日

今日も去年の覇者・中日と格の違いを見た内容。中日・先発の岩田の調子がけっしてよかったのではなく、谷繁捕手の打者の心理を読み、予想を外す配球が冴え渡った。今日の試合に限らず、谷繁には完璧にカープ打線が翻弄されている。例えば、右打者がライト方向を狙っているとみれば、内角にシュートを投げ、詰まらせるなど、ある意味、野村謙二郎監督の采配は読まれているに違いない。

先発の篠田は単に勢いで投球している感じがした。久々の捕手・會澤も右打者の内角ばかり要求していたが、カーブの制球が甘く、更にストレートもコントロールできなければ失点も止む無し。本来の攻めは右打者の内角攻め、カーブでタイミングを外し、外角のストレートやフォークボールで打ち取るべきだったが、篠田のアバウトな制球では野球にならない。中日・岩田もけっして制球はよくなかったが、悪いなりに勝負ところではコースが決まり、女房役の谷繁の好リードが光った。

野球解説の北別府氏が「篠田のカーブがすっぽ抜けましたが、ストレートが活きる配球」と言っていたが、制球定まらぬカーブを有効に使うべきだったのかもしれない。

打線はいつも通り。クリーンアップのヒットは試合も決まった九回裏の栗原のレフト前ヒットだけ。なぜ、先日のDeNA戦のようなエンドラン、盗塁を絡めた機動力野球ができないのか理解に苦しむ。

また、篠田のあと二番手に今村が登板したが、勝ちパターンの投手起用は「先発投手、ミコライオ、サファテ」と軸が決まっているものの、接戦の場合の投手継投が決まっていない。本来ならば、六回表からロングリリーフ候補の中村恭平を登板させるべきだったと思うが、投手継投の拙さも目立った。

ともあれ、中日と広島の質の違いは先日のDeNAにも感じた時と同じ。明らかに「中日>広島>DeNA」という関係になっている。




[PR]
by takaitoko | 2012-04-21 18:42 | 広島東洋カープ